アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「植物」のブログ記事

みんなの「植物」ブログ


丸子城2 安良居神社の柊の香り

2017/11/09 10:28
 依水館の下流側に安良居神社がある。上丸子地区の氏神を祀り、本殿は江戸時代末に建てられた。諏訪の宮大工二代目立川和四郎作とあり、彫刻が目につく。

画像

 安良居神社は丸子城の4つある居館の一つとされている。丸子城周辺の急峻な地形の中では貴重だったろう。ここから丸子城への登路が始まる。

画像

 本殿に繋がって回廊がある。

画像

 ふと甘い香りに気づく。よく見ると白い小さな花がついた木がある。ギンモクセイだろうか。調べてみたら、ギザギザのある葉を持つのは柊だった。どちらもモクセイ科だ。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ノハラアザミ 高尾山T

2017/09/05 22:23
明日から3日間は雨の予報なので、今日のうちに山歩きをしておくことにした。ゴーキョ峰に行く為には富士山に一回登っただけでなくて、なるべく山歩きをしたほうが良いと思えるからだ。9時に歩き始めていつものように稲荷山コースを行く。

画像

画像

ヤマホトトギスの白い花。

画像

高尾山頂から一丁平にかけてはよく整備された明るい山道になる。目につくのはノハラアザミの花。色々なハナバチが花に頭を突っ込んでいる。

画像

黒目が大きなセセリチョウ。

画像

カマキリがノハラアザミの下にいる。よく見ると、カマキリは、ノハラアザミの花粉団子を付けたマルハナバチを口をモグモグさせて食べている。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ブルーベリーがなりだす

2017/06/27 08:49
最初の日はほんの数粒しかブルーになっていなかた。

画像

翌日になると、ブルーが少し増えた。

画像

一房がほとんどブルーになったのもある。

画像

そしてもう帰らなければならないから、ブルーになったのを収穫する。まだほんのなり始めだから、この後は毎週来て収穫したい。

画像

ブルーベリー園とパン屋をやるのは私の夢だった。それで、まず手始めに、こちらにやって来た十数年前に苗木を30ほど植えた。ところが10年経ってもさっぱり育たなかった。排水の悪い粘土ではダメだったのだ。3年前に、庭の斜面に排水の良い土を入れ、バーグを敷き、ピートモスも入れて植え替えた。2年間は実をならせずに木を育てた。そして今年はとうとう収穫にこぎつけた。つい先日、家人が網もはってくれた。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


八経ヶ岳 白い花

2017/06/19 19:25
 6月11日八経ヶ岳。この時期に目につくのはほとんど白い花。

画像

画像

  たぶんこれはニョイスミレ。

画像

 ムスカリ。

画像

 シロヤシオは花盛り。

画像

 ヒカゲノカズラはシダ類。胞子嚢穂を出している。

画像

 マムシグサ。

画像

 バイケイソウの群落はあちこちにある。でも花の時期はこれから。

画像

 八経ヶ岳の山頂直下にオオヤマレンゲの群落がある。つぼみが膨らんできているから、あと1週間か10日で花が咲きそう。

画像

 サラサドウダンツツジ。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


枇杷の実

2017/06/14 11:38
この時期、実生で育ったらしい枇杷の木に実が付いているのを、あちこちで見かける。

画像

そんな木になった枇杷の実を今年もいただいた。思う存分食べても、食べきれない。

画像

皮をむいてグラニュー糖をまぶす。種も取りたいところだけれど省略。火に通してコンポートにした。

画像

枇杷の種は鳥が運ぶのだろう、昔から人々に馴染んでいたのだろう。実生の果物は原種の特徴が出てしまい、実が小さかったり、酸っぱかったりするのに、琵琶は実生でも、十分美味しい。虫にも強そうで、手間がかからない。楽器の琵琶も、湖の琵琶湖も枇杷の実の形から来ているのだから、 実の形は誰でも知っていたにちがいない。

枇杷の枝には産毛みたいのがはえている。

あと枇杷の葉というと枇杷茶まある。そして2月ごろに取った枇杷の葉で染めた草木染めの色がいい。桜染めに似たサーモンピンクに、少し紅の入った色が出る。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


お茶の木

2017/05/17 07:05
かぬてから自分でお茶を栽培して手揉み茶を作りたいと思っていた。自分で作ったらさぞかし香りがいいだろう。折しも新茶の時期。お茶の木で垣根なんかを作っておき、この時期に茶摘みをしたい。

画像

一昨年、早稲田大学の大隈庭園にあったお茶の木から実をいただいてきた。種から育てたお茶の木の子供達。大切にしているのに育ちの悪い方から枯れて半分ほどになった。もうプランターの中が条件が合わないのかもしれない。東御に持って行って育てたいけれど、寒さで全部やられたら、それもショック。友人が目も開かない子猫を育てたけれど、種から育てるのはそんな気分。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


柚子の花

2017/05/16 07:20
画像

柚子の花がたくさん付いている。植えてから20年以上も実をつけなかったものが、ここに来て付けるようになった。でも昨年たくさん実を付けたみかんの花は咲いていないから、柚子もこの後毎年実を付けると考えていると、期待はずれになるのだろう。今年は柚子ジャム、柚子茶のほかに柚子胡椒を作るつもりなので、「柚子のバカ」などとは言わないで、宜しくの気分。

画像

下を見ると、前の日種を蒔いた土の上に花びらが落ちている。トマト、ツルムラサキ、マリーゴールド、ナスタチューム、西洋パセリにパクチー。

画像

シランが花盛りなので摘んでくる。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ホタルカズラ、フデリンドウ 西の谷

2017/05/05 08:48
ゴルフ場の下の道。この時期に行くのは初めてだからワクワクする。

画像

ちょっと見には瑠璃草かと思った。

画像

図鑑で調べてみたらホタルカズラだた。

画像

フデリンドウ。

画像

アケビの花。

画像

アケビの蔓はあちこちにある。

画像

ミヤマセセリもいた。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


スミレ

2017/05/04 07:38
西の谷を目指して歩き出してすぐに紫色の花が目についた。

画像

葉っぱが細長いからスミレに思える。

画像

図鑑を見ると、「花は濃い紫色、唇弁の中央部には白地に紫色の筋が入り、側弁の基部には毛が入る。葉はヘラ型で、葉柄にははっきりした翼がある。」とある。

画像

「距は普通細長いが、変化が多い。」とある。ということで、この花は数あるスミレ類の中でもスミレと同定した。

画像

今日もタチツボスミレの葉を持つ、濃い紫色のを見つけた。

画像

こちらは、図鑑を持参して行かないと同定が難しい。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


押すな押すなのクリスマスローズの子供達

2017/05/03 08:32
庭が春本番を迎えている。

画像

居間から見えるようにと、目の前に植えたチューリップはさっぱり咲かない。

画像

小山の向こう側には、オランダで買って来た紫色のが咲いているものの、ちょっと小ぶり。

画像

紫色と白の花。

画像

小屋の前のチューリップ。後ろのクリスマスローズはとても良く咲いている。

画像

画像

クリスマスローズの花の下を見てびっくりした。押すな押すなの子供達である。こんなのが何箇所もある。なんとか上手に育てて、たくさんに増やしたい。

画像

こちらは箒草の子供達。おろのいてあげないと共倒れしてしまう。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


タイトル 日 時
タチツボスミレ
タチツボスミレ タチツボスミレにしては色の濃い、そして姿の小さなのが池のそばに咲いていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/02 21:33
アカシアの豆がはじける
アカシアの豆がはじける 先日、西の谷に行った時に、アカシアの豆が沢山ぶら下がっているのを見た。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/20 19:58
白いクリスマスローズ
白いクリスマスローズ 2ヶ月ぶりの東御。庭の様子はちょっと見には変わらないけど、よく見るとチューリップの葉が少し出ているし、梅の蕾も膨らんできた。蕗の塔はまだ出てないけれどお正月に来た時に比べると日差しが明るい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/03 16:49
クリスマスローズが咲いた
クリスマスローズが咲いた 今日は2月14日のバレンタインデー。お教室ではアソートタイプのチョコレートの箱を持って男性だけでなく女性にも配る姿が見られた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/14 17:12
石清水八幡宮のマメヅタ
石清水八幡宮のマメヅタ 石清水八幡宮の参道脇にはコケだのシダだのが生えている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/19 21:10
イングリッシュオーク
イングリッシュオーク 10年ほど前にイギリスで拾ったドングリから育ったイングリッシュオークの木が何本かある。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/11/09 07:53
ムキタケそれともツキヨタケ
ムキタケそれともツキヨタケ 庭に敷いた木の幹からキノコがでてきた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/05 08:15
小清水原生花園
小清水原生花園  網走からオホーツク海沿いに西に向かう。右側に濤沸湖に至る平原が広がり、左側のオホーツク海側に小清水原生花園が広がる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/03 22:00
アブラチャンの花
アブラチャンの花 だいぶ前にアブラチャンという木の名前を聞いた時に、可愛らしい名前なので心に残った。アブラは「油」を意味し、チャンは「瀝青」を意味し、木全体に油が多いことによる命名だという。数年前に姨捨山に登った時に植物の先生から木を教えてもらった。もう花の時期ではなかったので、葉っぱの姿を記憶にとどめておこうとした。けれども花が見たい。花は葉に先立って咲くから、そして小さくて目立たない花だから、自分で見つけるのは難しそうに思えた。それで3年ほど前に苗を植えた。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/04/18 00:52
十月桜
十月桜 春も秋もほんの少ししか花を付けない庭の十月桜が、この春はいっぱい花を付けた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/17 16:01
千鳥ヶ淵の桜
千鳥ヶ淵の桜 千鳥ヶ淵の桜を見たくなった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/04/03 12:17
チューリップとクリスマスローズ
チューリップとクリスマスローズ  オランダから昨年買ってきたチューリップは黒と青色中心のはずであった。ところがまず咲きだしたのはサボテンの花みたいな真っ赤な花。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/30 16:15
ソラマメを蒔く
ソラマメを蒔く  昨年ポルトガルで買ってきた、ソラマメの種を蒔いた。普通の所なら10月末か11月に蒔いて畑で冬を越えさせるのだけれど、高冷地の場合は春に蒔くようだ。それで浦和で苗をつくり、芽が出たら東御に持って行って植えることにした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/01 15:37
ガガイモの種に羽毛
ガガイモの種に羽毛  散歩していたらガガイモがあった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/02/08 09:23
葛城古道には梅の花が
葛城古道には梅の花が  今年の冬は温かい。寒いよりも快適でいいのだけれど、不都合もある。我が家では干しておいた柿にカビが生えて、食べられなくなった。ホウレンソウが育ちすぎてトウが立ってしまった。世の中を見渡せば、不都合はいろいろあるだろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/12 23:57
種子を取る
種子を取る 庭を見ると花が終わった植物が残っていてすっきりしない。お正月なので庭仕事はしないつもりでいたけれど、枯れてしまった植物を整理することにした。蝶々が来るので、あちこちで伸びるがままにしていた三尺バーベナを刈る。それから百日草とマリーゴールドを引っこ抜く。この二つはコスモスとともに我が家の夏の花の主役。どれも丈夫なのがいい。庭で咲いてくれさえすれば、それで十分。好き嫌いなんて言わない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/05 06:12
柚子
柚子 庭の隅にもう30年以上もある柚子の木が、珍しくたくさん実をつけた。スダチをちょっと大きくしたぐらいの実。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/16 16:32
永遠のターシャ・テューダー
永遠のターシャ・テューダー ビデオに録ってあったNHKの「永遠のターシャ・テューダー」を見た。ターシャは2008年に92歳で亡くなっているから、100歳記念の番組ということになる。もう10年も前になるけれど、彼女が88歳の頃にNHKが番組を作った。、私はターシャの庭に夢中になり、彼女の描いたかわいい絵本を取り寄せた。今回の番組は当時の映像と、後を継いだ人たちと今の庭を写している。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/16 00:24
落花生の収穫
落花生の収穫  今年は初めて落花生を育ててみた。一部葉が枯れているので収穫する。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/10/30 20:23
日本の秋
日本の秋 昨夕一ヶ月ぶりに東御に来た。今朝になって外を見ると、木々が色づき、空は青く、秋の花が咲いていて美しい。オランダの、昼でもヘッドライトをつけて走るような秋を体験してくると、日本の秋がいかに明るい季節かがわかる。オランダ人にとって秋は雨が多くて寒い、決していいイメージの季節ではないという。娘は彼の地の人から日本に来るのはいつがいいかと聞かれると、いつも秋がいいと言っていた。彼女は秋の紅葉は美しいし、果物の収穫の季節だと説明する。私は秋は冬の気配を感じてしまって、ちょっと淋しいイメージでいたけれど... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/10/27 14:01
ヤブマメとミント 薄紫の花
ヤブマメとミント 薄紫の花  散歩していて、下の方に薄紫色の小さな花が目についた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/09/21 14:59
フジノマンネングサ 
フジノマンネングサ  易老岳の前後には苔が多くて、ゆっくり観察しながら歩いた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/09/20 14:23
フェアリーリング
フェアリーリング  半円だけれどもフェアリーリング(妖精の輪)状態のキノコを見た。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/09/18 00:14
絵画館の前 栗の木とギンリョウソウ
絵画館の前 栗の木とギンリョウソウ  昨夜山から帰ってきて、今日は雨模様なので一日部屋の中で過ごすつもりでいた。でもお昼を過ぎたころに、ちょっと外に出たくなった。雨なので午後でもリコボウがあるかと思ったけれど、先に来た人がいるよう。でも栗を拾った。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/09/17 16:02
マルハナバチがいた 鹿島槍ケ岳4
マルハナバチがいた 鹿島槍ケ岳4  冷池小屋から鹿島槍に向かう登山道にはいろいろな花が咲いていた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/09/02 00:20
ほうき草
ほうき草 ほうき草が大きくなってきた。この後、9月に入って赤紫色に紅葉するのが楽しみ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/08/22 10:45
バラの花
バラの花  ここに来た頃は、バラの花は虫にやられ、そしてウィルスにもやられたのだろうか無残な姿だった。たった一種類元気だったのはナニワイバラで毎年花を咲かせてきた。ただ一期咲きで花の時期が短いので、今年も花の時期を逃してしまtった。その後、多少消毒をするようになっていろいろなバラが咲くようになった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/07/27 00:34
白谷雲水峡のコケ 屋久島5
白谷雲水峡のコケ 屋久島5  白谷雲水峡で見かけたコケ。島で買った「屋久島の自然図鑑」を頼りに、写真で絵合わせした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/07/17 12:06
サルナシとキューイ
サルナシとキューイ  6月は思いのほかいろいろな実がなる。梅、グミ、ジューンベリー、フサスグリ、さくらんぼ、苺、そして山椒の実もなった。    今から実がついているけれど、収穫は秋というのもある。サルナシはもう収穫時ぐらいの大きさなのに、まだ甘くはなっていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/06/28 11:18
ジャガイモの花
ジャガイモの花  早いところではもう収穫しているけれど、畑のジャガイモの花は今咲いている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/06/28 00:18
フサスグリ
フサスグリ  フサスグリを収穫する。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/06/26 13:34
ビロードモウズイカ
ビロードモウズイカ  ここ数年、道路の脇の陽がよく当たるところにビロードモウズイカをよく見る。最初見たときは何かと思った。昔は見なかったから、あきらかに帰化植物である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/06/25 14:04
秋まで落ちないで
秋まで落ちないで  我が家にある3本のフジはいつもみじめな収穫。昨年はマイマイガが大量に発生して木がほとんど裸になり、今年の花はいくつもついてなかった。それでリンゴはならないと思っていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/06/21 06:00
ミネザクラとシオリザクラ 太郎山
ミネザクラとシオリザクラ 太郎山  日光白根の避難小屋の周りにはミネザクラがある。昔6月に泊まった時に桜が咲いていた。山だから桜が遅いといっても6月に見ることができるとは思っていなかった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/06/20 20:51
タブの木、クマノミズキ 大磯4
タブの木、クマノミズキ 大磯4  浅間山から高麗山の尾根筋にはところどころ木の名前が出ていている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/06/14 11:03
イヌビワ 大磯2
イヌビワ 大磯2  大磯の浅間山から高麗山を歩いてみると、思いのほか山が深い。そして植生が豊かでいろいろな木に出会った。そんな中でイヌビワの木を一本だけ目にした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/06/13 21:13
ヤマホロシ 大磯1
ヤマホロシ 大磯1  大磯の駅の北側には200m近くの山があり、南側には湘南の海が広がっている。今回は両方をつないで歩くことにした。東海道線をくぐって浅間山を目指す。すぐに急な登りになって、雰囲気のある眺望の良さそうな民家のたたずまいを楽しみながら進む。いずれのお宅もこだわりの植栽をしているのを感じる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/06/12 06:00
ヤマモモの実 ビワの実
ヤマモモの実 ビワの実  最近、並木にヤマモモの木が植えられているのを目にする。でも実をつける木はあまりない。イチョウの並木があっても銀杏をつける木が少ないように、メスの木は掃除が大変だからオスの木を選んで植えているのじゃないかと思う。そんな中で実をつけている木を見つけると嬉しくなる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/06/11 21:20
ルピナス
ルピナス  ルピナスが咲いている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/06/08 20:55
蓮の芽が伸びてる
蓮の芽が伸びてる  毎日朝と夜に蓮の成育を見ると、成長の速さに驚く。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/05/29 09:49
蓮の実から芽が
朝起きてみたら蓮の実から3ミリほどの白い芽がでていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/05/28 00:08
蓮の実
 夏、蓮の花が咲いているのを見ると、この世にこんなに美しいものがあるのかと思う。花の中からだんだんと育ってくる蜂巣も不思議。蜂巣を見ると、中に実が入っているか気になる。実が覗いていると、何とか持ち帰って育ててみたいと思う。今回は近所の人から蓮の実を10粒いただいた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/05/26 00:21
小戸川の白い花たち
 根本山の帰りに、小戸川の林道を歩くことになり、この時期の樹木に咲く白い花を見た。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/05/24 06:00
根本山のシロヤシオ、ギンリョウソウ、フモトスミレ 
 根本山では、登るにつれてシロヤシオの花が咲いていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/05/23 06:00
熊鷹山から小戸沢に下った
 熊鷹山(1168m)の下りの道は沢沿いで変化に富んでいた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/05/22 06:00
苗木が根付いている
 昨年ネットで取り寄せた苗木が葉を付けている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/05/11 06:00
タラの木・コシアブラが根付いた
 タラの木は苗木を買って何度も植えたのに育たなかったけれど、今回はやっと成長している。冬頃からタラの芽がつくのを楽しみにしていたのに、今回行ってみると食べるのには芽がちょっと成長してしまった感じ。でも柔らかいところを選んで天ぷらにした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/05/10 09:37
アケビの花 いつもの散歩道に咲く花
   アケビの花が咲いている。これは雌花。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/05/09 06:22
藤の花
 最初こちらに来た時には、まだ蕾だったのに、あっという間に藤の花が咲いた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/05/08 10:01
アオダモの花 庭の白い花
 気に留めて見ないと花が咲いているのに気付かずに、終わる花がある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/05/08 06:00
筆リンドウ
 会津から寄ってくださった夫妻と、梅野記念絵画館のあたりを散歩する。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/05/07 06:00
クリスマスローズの種子
 今は白いクリスマスローズが盛んに咲いている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/05/06 06:00
登り窯のあたり
 このところ、庭と畑仕事の単純な毎日。夜はお風呂に入って、ビールを飲んで食事をすると眠くなって早々に寝てしまう。本も読まないしネットも開かない。でも今朝は散歩する気になった。数日前に蕨を手にした人を見たので、どこにあるのか確かめたくなったのだ。モンペをはいて、手ぬぐい巻きで出かけようとしたら、手ぬぐいはまずいのじゃないかと言う声がかかり、スカーフにした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/05/05 11:48
フキノトウ
 芦田城を下ってフキノトウを摘んだ。摘むごとにフキのにおいが漂って、季節を感じる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/04/22 06:06
春蘭
 御散歩の途中で、近くの俳句の先生のお庭を見せていただく。桜、桃、スミレ、木蓮、などいろいろな花が咲いている中で、森の中も案内していただく。カタクリ、ショウジョウバカマ、キブシ、雪割草などの野の花が咲いていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/04/18 06:16
マンサクの花
 庭のダンコウバイを見るとまだ蕾なので、花はどれもまだかと思った。でもマンサクの花が咲いていた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/03/15 00:25
紅ほっぺと章姫 こもろ布引いちご園
 春になるとイチゴ狩りに行きたくなる。3月なのに真冬のように寒くて雪もちらつく日に布引いちご園に行った。入り口でヘタを入れる容器に練乳を入れてもらってビニールハウスに入る。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/03/14 00:24
イヌビワ 高橋是清翁記念公園
 高橋是清翁記念公園は朝鮮の石人像の配されているところに興味を惹かれるし、苔に覆われているのもいい。この公園でもう一つ印象に残ったのがイヌビワの木。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/03/07 09:02
蘇鉄に菰巻き 徳川園
 徳川園で蘇鉄に菰蒔きをしているところを見学した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/12/09 00:25
小福桜 徳川園
 冬だというのに徳川園には桜が咲いていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/12/08 00:37
藁帽子
近所の人が通りかかって、藁帽子を下さる。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/11/27 23:33
てんぐ巣病 三頭山
 木に寄生木みたいのがついている。でも寄生木なら生きているのに、ちょっと違う。枝や枯葉が固まっていて、巣にも見える。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/11/26 00:34
ミツマタ 畦ケ丸
 ミツマタが蕾を付けていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/11/23 11:08
山茱萸酒
 先日の集まりで山茱萸(さんしゅゆ)の実を果実酒にすると美しい色が出ると教えてもらった。それで庭の実を採ってみた。山茱萸は春一番に、黄色い花の束を手まり状に咲かせる。ほんの小さな花だけれど、まだ冬景色の庭で春の訪れを告げてくれる。 秋になるとクコの実をちょっと大きくしたような、グミに似たような真っ赤な実をつける。その赤い実を、春の黄色い花ほどには、注意を向けてこなかった。ところが、この実が果実酒になると聞いて、急に貴重なものに思えてきた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/11/13 11:49
秋の桜
 今年は庭の桜は咲いていないのかと思っていた。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/11/10 21:29
柿の収穫
 熟れた柿の実が落下してきて、私の車の屋根、フロントガラス、バンパーにへばりついて始末が悪い。家人に言っても、今年は柿には興味を示さず仕事に行ってしまった。しかたなく自分で収穫することにした。例年、長い柄の先に鋏がついたのを使っているから探してみた。3本出てきたけれど、どれも調子が良くない。ホームセンターって、どうも長持ちするものを売らないみたい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/10/31 00:15
ヒノキゴケ 天城山の植物
 天城山の苔は、本州の中部山岳地帯とは違うコケが生えていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2014/10/30 00:10
柿・みかん・花梨
 庭の実が今年はどれもよくついている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/10/27 06:00
荘川桜
 白山を下って荒島岳に行く途中に国道156号を、堤高131mのロックフィル式の御母衣ダムを通りすぎ、御母衣湖沿いを走った。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/10/20 00:16
庭の無花果と柘榴
 無花果の木が2本ある。どちらも実が付くけれど、甘くなる前に寒くなって青いままで終わる。でも今年は二つだけ実が熟した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/10/13 06:00
朝鮮五味子、サルナシ、そして山葡萄の果実酒
 以前読んだ果実酒の本に一番おいしいのは朝鮮五味子、次がサルナシ、そし山葡萄とあった。それでこの三つを自分で山から採集して果実酒にするのが夢だった。去年は朝鮮五味子を採った、今年はサルナシと山葡萄を山から採ってきた。「目指して心すれば実現する」というか「目指さないものは実現しない」などと、大げさに喜ぶ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/10/12 06:11
姫林檎 ヤマボウシ 山椒
 今年の春はマイマイガの幼虫が大発生して林檎や杏子、そしてさくらんぼの花も葉っぱも全部食べられてしまった。それでも花が咲くのが遅かった果実は今ついている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/10/12 06:00
ノハラアザミに姫マルハナバチ 石尊山
 石尊山の山頂付近は樹木が少なくて日当たりが良いのか、秋の花が見られる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/10/07 00:16
石尊山のきのこ
 石尊山ではキノコ狩りの男性2人に会った。一人は登山口で丁度私が出発の準備をしているところに車でやってきた人。近くに住んでいるというけれど、都会人のようで「まだ初心者でキノコのことはよくわかりません。取れるとしたら雑キノコですよ」という話。雑キノコってマツタケ以外を言うのだろうか。  二人目は登山口近くまで戻ってきた時に交差する林道で会った男性。もともとが土地の人らしい。取ってきたキノコを見せてくれる。ジコボウと、あと確かコムソウというのだった。キノコの最盛期は過ぎたという。えっ、9月が最盛期... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/10/07 00:14
コスモスの庭
 ここの土地を手に入れた10年ほど前の年の春に、土を入れて整地をしてもらった。当時まだ人の丈よりちょっと大きい位のコナラだけを残して、あとは何も生えていない状態になった。コナラは今敷地の西にあって、山荘よりもはるかに大きくなった。  その年の秋に小屋を建てた。その時にこの敷地で初めて花を咲かせたのはコスモスだった。どこからか、種が飛んできたのだろう。だからコスモスには思い入れがある。あれから毎年コスモスを咲かせている。こぼれ種で毎年生えて来るし、種もまいている。うじゃっと生えてくるから、せっせ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/10/04 00:13
アカンサスと松ぼっくり
 皇居の二重橋前の濠のフェンスには、バチカンにあった松ぼっくりのようなのがついている。(あの豪華さには及びませんが) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/09/25 13:09
彼岸花
 山荘の西の道路沿いの彼岸花が咲いた。道路に沿った日当たりの良いところだから、浦和の彼岸花より咲くのが早い。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/09/23 12:08
リコボウ
山でキノコ、山菜、木の実を採れるようになるのは私の憧れである。詳しい人がいて教えてもらえたら、とても勉強になる。とはいえ、ものにして行くのは自分で見る目を少しづつ養い、自分のフィールドを拡げて行くことにかかっていると思う。そして私はほんの入り口に立っているところだ。ここに来て分かって来たのは木の実ではアケビ、朝鮮五味子、サルナシ、マタタビ、山葡萄、山栗。 キノコはリコボウ(ハナイグチ、この辺りではジコボウ)で、昨年初めて自分の手で採ったのを一つ食べたのが始まり。そのリコボウは山荘のすぐ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/09/16 09:38
胡桃
小さい頃、胡桃は見たことも無ければ食べたこともない憧れのものだった。チロリン村とクルミの木という子供番組があって、「胡桃」という響きにも憧れた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/09/12 00:05
ヤリノホゴケ(地衣類) 池の平湿原
 地衣類が目につくと、しばし眺める。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/09/07 00:10
地衣類
 地衣類に目がいったので、基本的なことをまとめておく。地衣類は、菌類と藻類から構成される共生体で、植物ではなくキノコやカビと同様に菌類である。体(地衣体)を作っているのは菌類(子嚢菌が多い)で、その中に藻類が入っている。菌類は藻類を乾燥や紫外線から守るかわりに、藻類は太陽の光で光合成を行って栄養分を作り、その栄養を菌類が利用している。したがって、地衣類は苔やきのこのように着生基物である樹木などから栄養分をとって生きているわけではない。栄養分のない岩に付着して成長しているのは、そこが生育場所として... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/09/06 00:05
チャシブゴケ(地衣類) 池の平湿原
 老木になるといろいろなものに取りつかれる。人間も年を取ると皮膚にいろいろなものが出来てくるのと 同 じだろう。種としてのエネルギーを失うと、ほかのものが入りやすくなる。もとのものはなくなり新しい命に 移り変わっていくのだ。木の場合はまず苔と地衣類に覆われる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/09/05 06:30
ヒメジョウゴゴケ(地衣類) 桟敷山
 桟敷山の登山口近くに地衣類の姿があった。ヒメジョウゴゴケか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/09/05 00:05
ハナゴケ(地衣類) 池の平湿原
 東歩道から池の平湿原に入る。まっすぐに行く道と違ってほとんど人のいない森の中の道である。今回歩いてみて、苔と地衣類がいろいろあるのに気が付いた。標高2000mあってじっくり観察できるのはいい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/09/04 06:18
雨飾山 アサギマダラ
 雨飾山の植生は変化に富んでいる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/08/24 00:38
雨飾山 サルナシとマタタビ
 雨飾山を歩き始めて目に付くのが山ブドウとサルナシの実。どちらも山の中で実際に見ることが少ないからびっくりする。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/08/23 05:34
せんべい平
 せんべい平は素敵な平だ。今まで何度も地蔵峠を越えて鹿沢まで行っていたのに、ここを知らなかったなんてと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/08/15 00:02
遠見尾根 蛇紋岩から花崗岩へ
 遠見尾根は地蔵の頭(1676m)あたりまでが蛇紋岩で、その上からは花崗岩になる。蛇紋岩はマグネシウムを多く含み、樹木の成育は貧弱になる。遠見尾根の一つ北にある八方尾根は蛇紋岩に覆われているそのせいで、標高の低いところにも高山植物が豊富にあり、あの美しくて豊富なお花畑を形成する要因になっている。また蛇紋岩地域は他の所では育たない固有の種を生育させる。ハッポウタカネセンブリなどハッポウの名を冠する植物が多いのも、そのせいだろうか。  遠見尾根の地蔵の頭を越えると、そこから上は北アルプスに多い白い... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/08/13 08:21
ミズタマソウ 秋ヶ瀬ピクニックの森
 以前同じ秋ヶ瀬で先輩からミズタマソウを教えてもらった時は、なんていい名前だろうと思った。私は水玉の食器を何枚か愛用しているのだ。しかしもう一度自分で見つけるのは難しかった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/08/04 08:42
アキノタムラソウ 秋ヶ瀬ピクニックの森
 アキノタムラソウのタムラソウからなんとなく黄色の花のイメージがあった。アキノとありながら初夏から初秋に咲く花だという。それで私の中では名前と実際の花がなかなか一致しないでいた。けれども藤色のこの花の色合いはとても好きで、東御の植物の先生が名前をおっしゃるたびに素敵な花だと思って見ていたのだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/08/04 08:38
サイカチ 秋ヶ瀬
 サイカチは名前がいい。やまとことばの響きがする。調べてみると漢方で種子を「p角子 (ソウカクシ)と呼ばれていたのが、 「西海子 (サイカイシ)」となり、さらに転訛したのが「サイカチ」となったようである。語源は大和言葉ではなかった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/08/03 09:07
コカモメヅルのカモメ 秋ヶ瀬
 コカモメヅルの紫の花は小さいけれど、とても惹かれる。この時期、花はもうあまりないものの、いくつか姿を確認できた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/08/03 09:04
シロバナサクラタデ 秋ヶ瀬
 蓼食う虫も好き好きと言うけれど、この蓼はとても上品。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/08/02 00:27
バアソブ 秋ヶ瀬
 野鳥と野草に詳しい先輩について秋ヶ瀬を歩いたのだけれど、まるで小学生気分になってしまう。ひたすら感心して、ありがたく説明を聞くのだ。田島ケ原のサクラソウの自生地はこの時期、オギやアシがすっかり成長して歩道を覆うほどになっている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/08/02 00:26
レンゲショウマ
 庭の隅のレンゲショウマが咲いている。4センチほどの花が下向きに咲いているから気を付けていないと見過ごしてしまう。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/07/30 08:05
ウメガサソウ 鹿沢園地
 鹿沢休暇村のホテルの裏手にまわったところにウメガサソウの姿があった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/07/30 06:17
ヤマブキショウマの雌花と雄花
 ヤマブキショウマとトリアシショウマの区別がつかない。さらにヤマブシショウマの雄花と雌花の区別もつかない。昨年は、この時期の湯の丸高原を歩いた後で、わからなくて不足感が残った。今シーズンはこのあたりの解決をはかりたい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/07/29 07:26
メタカラコウにカラスアゲハ
 鹿沢園地のメタカラコウの群落には一匹のカラスアゲハが何度も何度も周回して花に止まっていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/07/25 17:29
ヨツバヒヨドリにミドリヒョウモンが
 鹿沢園地にはヨツバヒヨドリがある。そのうちの一か所だけミドリヒョウモンが群がっていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/07/24 10:44
イチヤクソウ 禰津城山(ねつじょうやま)
 植物観察会で禰津の城山に行った。一昨年に案内していただいて、禰津の集落のすぐ後ろにある山城が初めて視野に入ってきた。そして全国に2万あるという城址のこと、そして禰津という由緒ある地域のことに目が行きはじめた。今回は、午後に豪雨になるという天気予報を気にしながらも、短い時間で頂上まで登ってきた。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/07/02 00:25
マイヅルソウ
 白い花といえば、マイズルソウも咲いていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/07/01 17:10
ツマトリソウ
 角間峠の下りにはツマトリソウが咲いていた。最初のを見て、なんてラッキーなのだと思っていたら、下るにつれて何度も会った。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/07/01 01:37
スズラン 稚児ユリ 地蔵峠
 昔、北海道というと阿寒湖のまりもとかスズランが登場した。高原というと白樺が登場した。子供のころはどれも見たことがなかったから、あこがれていた。高校生の時に友人から一株のスズランをもらって、庭に植えた。とてもうれしかった。そのスズランは10年もすると、ものすごく広がった。それがスズランだと思っていた。ところが、今になってわかったのだけれど、それはドイツスズランであって、葉っぱよりも花の背が高い種類だった。園芸種はこちらのようだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/06/27 00:18
サワフタギ、カンボク、アズキナシを植える
 植物が大変な勢いで伸びてきたので、何から手を付けようか途方に暮れる。けれど、今回の優先順位の一番は植木苗の植え付けだ。以前は、春というと川口の安行で買った植木を運んできたものだ。けれど、ここ数年はぼちぼちになってきた。でも今回は、ネットで取り寄せ、安行でも買い、運んできた。きっかけは甲斐小泉でサワフタギのあるお庭を拝見したのにある。そちらには、サワフタギの白い花が可憐に、咲いていた。そうか、美しい青い実を秋につけるサワフタギを、庭に植えるという手があると思った。それで、今回は庭木というより、山... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/06/08 08:02
植物に勢いが
 2週間ぶりに山荘に来たら、植物の勢いにびっくりした。すっかり草深き庵状態である。5月から6月に、今までこれほど勢いよく草が伸びたことはなかった。前回来た時に、砂漠状態のところに急に雨が降った。それで今まで成長が抑えられていた植物が、一斉に成長したのだと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/06/07 00:18
ネズミモチの花
 一日家にいるとさすがに足がなえる気がするので、夕方になって、近くの水辺公園と呼ばれている用水沿いを歩く。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/06/04 01:07
アメリカオニアザミ
 駅近くの駐車場のはじに昨年あたりから大きくてとげの目立つアザミが咲いている。「あざみの歌」にあるような可憐な姿ではなくて、頑丈そうなとげが目立つ大きな姿である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/06/03 09:52
ベニバナトチノキ
 この時期、家の中から東の方を見ると、庭のはじにあるベニバナトチノキのピンク色の花が目につく。この時期、後ろの田んぼに水が張られていて、湖みたいになっている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/05/31 05:07
松の花粉
 松の木が花を付けている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/05/30 00:16
ヒメイチゲ 大笹峰
 大笹峰と姫木平ハイキングコースの花。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/05/29 01:00
ワダソウ マメザクラ 飯盛山
 飯盛山というと「スーパーくそばばあ」のイメージと重なってしまうのだけれど、その彼女は白い小さな花を見つけてくれた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/05/26 01:38
深山桜 甲斐小泉
 友人の山荘に最近植えたばかりの深山桜の木がある。まだ何か所か花をつけていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/05/24 12:15
バラの栽培
 バラが咲くときれいで、溜息が出る。でも育てているバラは思うように咲いてくれない。どの木も哀れなな風になっていまう。消毒をしない年など、まともな花をつけないのだ。でもこの日はバラに入れ込んで3年目の友人のところに行って、すっかり私もバラに取り込まれた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/05/17 00:08
アケビの花
 アケビが紫色の花をつけている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/05/16 21:39
エイザンスミレ ヒゲネワチガイソウ  独鈷山
 別所温泉の方向を見ると、瑞牆山に山容が似た岩の山が見える。この日はその独鈷山に登ることにした。今年初めてで、久しぶりの山だから、何かと用意に時間がかかった。家を出るころになってから、カシミールでプリントアウトした地図をまだメンディングテープでつないでないことを思い出したり、ガソリンが入っていないことに気づいたり、そして家を出てから登山靴を車に積んでないのに気付いた。結局宮沢集落かの登山口を出発したのは1時半。 前半は御屋敷沢に沿って緩やかな登り。後半は急な登りになる。たぶんそこが、遠くから眺め... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/05/13 18:57
ヤマエンゴサク 布引観音
 布引観音の階段を登りながら花を見る。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/05/12 21:30
ギボウシ
 冬の間完全に地上から消えているのに遅い春にワッとはっぱを出す。10日前には全くはっぱが見えなかったのだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/05/07 19:59
うこん桜
 染井吉野が終わって、池の周りには八重桜が咲いている。庭にも遅咲きの桜がいくつか咲いている。ちょっと黄色みがかったうこん桜。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/05/06 08:18
リンゴの花
 リンゴの花が咲いている。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/05/04 19:27
ムラサキツユクサ
 朝、久しぶりに水辺公園を鴨川まで歩いた。もうこの時間に猫が位置についていて、こちらを見ている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/04/28 21:03
4月20日ごろが小屋の桜の見頃だから、とにかくこちらにやってきた。夜遅く着いて、それでも桜が咲いているのを確かめた。ちょっと手折ってみる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/04/21 23:17
玉蔵院に御衣更桜
浦和の染井吉野は終わったけれど、あちこちで薄紅色の八重桜が咲いていると嬉しくなる。今日は玉蔵院を通りかかって御衣更桜が咲いているのを見つけた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/04/13 23:30
安行寒桜
 ソメイヨシノより早く咲く、安行寒桜が満開になっている。この桜を見ておくと、これからそこいら中に桜が咲いて、気持ちが落ち着かなくなるのだけれど、とにかく桜を見ておいたから、気が休まる。寝込んだり、雨ばっかり降っても気をもむのが少しになる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/03/25 13:38
クリスマスローズが咲いた
 敷地と道路の間の10センチほど土のあるところにクリスマスローズが植えてある。何年も前から植えてあるのだけれど、人が踏んだりするところなので、さっぱり大きくならない。それでも毎年一つは花をつけてきた。  先日の大雪のときにはなにしろ道路との境なので、クリスマスローズのことなどおかまいなしに、そのあたりに雪かきした雪をうずたかく積み上げた。他のところの雪が解けても、そこにはいつまでも雪が積まれたまま残った。クリスマスローズも雪の圧力で終わっていると思ってそのままだった。  きのう、ふと見たら花... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/03/05 20:13
アツモリソウ属パフィオペディルム
 誘われて東京ドームのラン展に行った。中で一番興味を惹かれたのはパフィオペディルムだ。この花には外花被3枚の内側に唇弁がついている。この袋状の唇弁の存在に、目が行く。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/02/23 07:17
フラクタルなカリフラワー・ロマネスコ
 八百屋でロマネスコ・ブロッコリーを見かけたので買ってきた。昨年イタリアの野菜の種を取り寄せた時にこれも買った。そして蒔くのを楽しみにしていた。でも例によって管理が行き届いてなくて、その時期には種はどこかに隠れてしまった。そんな風な菜園との関わりではあるけれど、ロマネスコにはちょっと執着していた。なんといっても姿が美しい。黄緑サンゴと訳されている。そして蕾のつき方がフラクタルなのだ。    フラクタルは同じ形が繰り返し出てくる。    ロマネスコの場合、私の肉眼でわかるのは5回の繰り返し... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/12/24 11:57
ガガイモの種子
 ガガイモの種子が飛び出しそう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2013/11/12 18:36
十月桜 
 庭の十月桜も冬桜もほとんど蕾をつけていなかったから、今年は花をつけないのかと思っていた。でも、いくつか咲いた。十月桜は薄紅色。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/11/10 23:19
十月桜と冬桜 新宿御苑
 写真の先生について新宿御苑に行く。一本だけ十月桜が満開だった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/10/25 00:15
アキニレとウバメガシの実
 いつも歩いている調整池の北側には、アキニレとウバメガシが交互に植えられていることに、今頃になって気づいた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/10/23 09:37
ツリバナ 奈良原
湯の丸の帰りに奈良原の集落で車を降りてみた。ツリバナが種子を吊るしている。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/10/14 20:10
朝鮮五味子 嬬恋村
嬬恋村のバラギ湖に植物観察に行った。キノコの観察がメインの集まりで、キノコの観察の仕方はとても為めになったものの、各自でキノコを集めてくることになったら、私にはサッパリ集められない。でも、バラギ湖は明るくていいところだった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/10/14 00:02
キヌメリガサ
 今年は、見てもらわなくてもリコボウを採って食べた。そういう風に見てもらわなくても、自分で判断のつくキノコを増やしていきたい。烏帽子岳の帰りは臼窪湿原の道をとった。キノコがあるかもと思ったからだ。何種類か出ていた。その中で、はっきりとした黄色で、ぬめりのあるキノコが目についた。たしか一昨年、たまたまホクトのキノコの講習会の講師に来ていた方と出会って、名前を教えていただいたキノコのように見えた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/10/08 19:32
烏帽子岳にはキベリタテハが
 昼から湯の丸山と烏帽子岳に登った。なんとか朝早く出たいのに、動きが鈍い。頂上は紅葉して、いい色合いになっている。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/10/07 20:49
松茸を掘った
 今年も師匠についてキノコ狩りに出かけた。師匠はついていくのもやっとの急斜面をすいすいと移動し、キノコを見つけては我々に教えてくれる。私が持ち帰ったキノコ。左上からキシメジ、リコボウ、モトアシ。2段目左からヌメリスギタケモドキ、松茸、3段目左からコウタケ、コムソウ(ショウゲンジ)、クリタケ、ニンギョウタケ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/10/06 21:41
シクラメンとツリバナ クロアチア
 クロアチアの森で見た植物で印象的だったのは、シクラメンとツリバナだ。最初に一輪だけ咲いたシクラメンを見た時はカタクリかと思った。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/10/05 23:43
リコボウ キノコが出ている
昨日も今日もよく雨が降った。一日のほとんどを部屋でじっとして外を見ている。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/09/09 00:50
マチガ沢までのシダ
 天神平で観察した翌日はマチガ沢まで歩いた。今までこのあたりは、山への通過点だったので植物は目にはいらなかった。けれどゆっくり歩いてみると、とてもいい植物観察コースだ。ことにシダ類が観察しやすい。イヌガンソクは頑固な印象の名前で、覚えやすい。秋に出る胞子葉が雁足に似ていいるクサソテツをガンソクといい、こちらはその前にイヌをてうけてイヌガンソクとした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/07/17 17:26
天神平のシダ
先日の谷川岳の植物観察で見たシダの写真を整理してみた。天神平の草原には、タカネヒカゲノカズラの胞子葉が一面に伸びているところがある。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/07/17 17:01
ラズベリー
 ラズベリーがなりだした。ラズベリーの木は、無作為に出て来て邪魔だったので邪険に扱ってきた。実もすぐ崩れて扱いづらいので、今まであまり利用してこなかった。でもラズベリーのジャムやソースは美味しい。そのうち、真面目に向き合ってみたい。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/07/14 22:21
ビロードモウズイカ(天鵞絨毛蕊花)
 ここ数年、車に乗っているとよくビロードモウズイカの姿を目にする。最初の頃は名前がわからず、雑草の中にあって、なかなか存在感があり、イングリッシュガーデンにも登場するような姿なので気になっていた。名前がまた大仰だ。全体にビロードのように毛が生えていて(天鵞絨)、雄しべ(蕊花)に毛があるのでこの名前になったという。我が家の庭にもほしかったので、種をとってきた。今年の春になって気がつくと、小屋の下屋の柱近くから、色味の薄い他の植物とは異なる独特なものが成長しだした。きっとビロードモウズイカだろうと思... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/07/13 08:35
蓮の花 行田市古代蓮の里
 写真の先生について行田市の「古代蓮の里」に行った。古代蓮は思っていたより大きな花で、とても迫力がある。そしてため息が出るほど美しい。   ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/07/11 23:24
マタタビの花 湯檜曽川
 この時期、車に乗っていると部分的に白くなったマタタビの葉を見る。花の時期だけ白くなって昆虫を誘引するという。たいてい通り過ぎてしまうし、近寄ってもそばで見るのはむずかしい。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/07/11 00:24
イワガラミ ツルアジサイ エゾアジサイ 谷川岳
 久しぶりに土合駅の階段を上った。486段は大変な登りの気がしたけれど、高低差80m足らず。このごろは、久しぶりというと数十年前だったりするので、前回はいつだったか思い出してみる。多分20年ほど前で、土合駅の前にテントを張って寝た。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/07/09 23:23
キバナノヤマオダマキ
 薄黄色の透きとおった花弁と萼片が、下を向いて咲いているキバナノヤマオダマキ。とても素敵な花だ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/07/06 09:22
コケイラン ウメガサソウ 湯の丸高原
 去年も一昨年も「このあたりにコケイランがあるはずなのに」と植物の先生がおっしゃるのに姿を見ることが出来なかった。でも今年は見ることが出来た。小さな花ながら蘭の花の形をしている。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/07/04 15:31
ギボシ 寒河江
 冬の間ギボシは枯れてしまって地上から姿を消す。春になると芽を吹いてあっという間に美しい葉を開く。今、小屋の周りにはギボシがスーっと茎を伸ばして花を付けている。高貴な感じがするのがギボシ寒河江の蕾。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/07/01 08:11
スイカズラ 秋ヶ瀬
 この時期、スイカズラの花の匂いがする。花のかたちが面白い。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/05/20 16:13
ジャコウアゲハの蛹 秋ヶ瀬
 秋ヶ瀬のサクラソウはもう種子になっている。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/05/19 11:00
野ばらとエゴの木 秋ケ瀬
 今の時期の彩湖から秋ヶ瀬にかけては、野ばらがそこらじゅうに咲いている。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/05/15 23:31
白花のムラサキツメクサ 秋ケ瀬
 金曜・土曜と講座をやって、一息ついたので久しぶりに秋ヶ瀬に行った。桜の時も、桜草の時も行っていないから桜草自生地のヨシもオギも1メートル近くになっている。誰もいないので島津亜矢の「八重」をいい気持ちで練習しながら歩いていたら、人がいた。「サクラソウ情報」をネットに載せている方で、毎日観察に来ているという。いろいろ教えていただく。神様が時々、こんな出会いを用意して下さっていることに感謝!シロツメクサの白い花の中には赤い花が混じっていて、ムラサキツメクサの赤い花の中には、白い花がまじっているという... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/05/13 16:21
鬱金桜
 鬱金桜(うこんさくら)が咲いている。ちょっと黄色味がある。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/05/12 09:14
林檎の花
 林檎の花が咲いた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/05/11 22:16
オランダの黒いチューリップ
 昨年11月にオランダで球根を買った黒いチューリップが咲いた。なにやら弱弱しい姿。植えるのが遅くなってしまったし、栄養も足りなかったのだろう。これじゃ球根がやせ細って、来年は花が咲かないだろう。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/05/06 22:19
シダと胞子嚢群(ソーラス)
 オニゼンマイは胞子嚢群(ソーラス)が茎の途中についているので、上方と下方には葉がついている。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/04/24 18:02
シダの庭 イズコモチシダとジョウレンシダ
 イズコモチシダは胞子でも増えるけれど、無性芽からも増えていく。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/04/23 15:28
松葉蘭(マツバラン)
 長年、シダの観察をしている方のお庭を拝見させていただいた。ものすごい種類のシダがあって感心してしまう。まず目についたのが松葉蘭(マツバラン)のコレクション。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/04/21 08:18
高尾山 トウゴクサバノオ
 高尾山の帰りはいろはの森を経て日影沢を下りた。バス停で、高尾山に年間50日通っているという方と話をした。カメラの画像で、この日私の見た植物の名前を教えていただいた。トウゴクサバノオは教えていただいた花の一つ。地味な花だけれど、名前が面白い。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/04/20 07:29
高尾山 ミヤマハコベ
 ミヤマハコベは、花が1センチ以上ありハコベの中では存在感がある。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/04/18 12:16
高尾山 スミレ
 まず高尾山頂上のビジターセンターでスミレについて確認してみる。スミレの世界は奥が深いので、はじめに表にあった6種類を追ってみる。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/04/17 20:43
高尾山 ハナネコノメは黄緑色に
 高尾山に行った。考えて見ると秋以来フィールドに出ていなかった。久しぶりに歩いてみるとやっぱりいい。ハナネコノメはもう葯の赤がなくなり、萼は白ではなく黄緑色になっていた。つまり花の時期は終わっていた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/04/17 01:02
葉欄(ハラン)の花
 今日は茶処「風の花」で葉蘭(ハラン)の花を見せていただいた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2013/04/13 18:54
蝶と花の写真
 ビックカメラで四つ切サイズに70枚ほどの写真を入れるサービスがあったので、蝶と花をプリントしてみた。野外に出て植物を見るようになって2年、植物だけでなく、蝶の姿が目に入るようになった。蝶の舞っている姿は、この世の楽園に思える。EOSキッスの標準ズームで撮っているので、いずれもトリミングで超拡大した写真である。うまくピントがあっていれば、なんとか見られるという程度だ。昆虫を追っている人の写真には及びもつかない。ただこの二年の間、蝶を見るのは喜びだった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/04/10 13:35
十月桜
 十月桜もほんのちょっと花を着けだした。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/04/08 00:14
クリスマスローズを植える
 小屋の前にクリスマスローズが咲いている。 この冬はとても寒かったので、葉っぱが黄色くなってしまったのもある。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/04/06 09:07
少彦名神(すくなひこな)の舟
 大国主命の国づくりを助けたすくなひこなは、気になる存在だ。まず姿がとても小さかったこと。そして最後は常世の国に帰って行ってしまったこと。それでガガイモを見るといつもすくなひこながガガイモの舟に乗って海の彼方からやってきたことを思い出す。散歩していたら、枯れた野の中にガガイモの舟が目についた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/03/20 15:13
シダ 夢の島熱帯植物館3
 マルハチ(ヘゴ科)は文字通り、幹に丸がある木生のシダ。これは葉が取れた後の離層で、丸の中に八の字状に維管束跡が見える。今回見たシダの中で唯一名前を覚えられそう。小笠原にある。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/02/06 10:06
シダ 夢の島熱帯植物館2
 熱帯植物館の大温室は人工的な空間ながらシダの種類が豊富で、シダに十分配慮してコレクションしているのを感じる。暖かい地方のシダなので違う世界のシダかと想像していた。実際に見てみると和名のシダが多い。考えてみると、日本には沖縄や小笠原諸島という暖かい地方がある。今回見たシダは胞子嚢がついているものが多かった。その付き方は様々だ。  ホソバリュウビンタイ(リュウビンタイ科)は沖縄と小笠原に分布する。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/02/05 00:13
シダ 夢の島熱帯植物館1
 「夢の島熱帯植物館」で行われたシダの観察会に参加した。冬なので温室の中というのは快適でいい。そして丁寧に教えてくださる方がいて、労せずしていろいろなことを知ることができた。私には植物観察はエンタテイメントの世界だ。ただし、一度にたくさん見てうれしくなって、あとで振り返るときちんと理解していないこと気づく。そして、案内してくださった方に申し訳ない気になる。まして、ブログに間違ったことを書くといっそうそうなる。と、思いつつ、できる限り見てきたものをたどってみる。  ビカクシダ(ウラボシ科)は着生... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/02/04 09:46
黒いチューリップ
 オランダから日本に帰る時にスキポール空港でチューリップの球根を買った。濃い紫で、お店の人は黒いチューリップという呼び方をしていた。来年の春が楽しみだった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/12/29 12:47
すみれの閉鎖花
 駅近くのコンクリートのわずかな隙間にすみれの花が咲いていた。すみれは春のものだと思っていたのにびっくり。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/12/01 08:39
ワプセを散歩する  オランダ
 庭の植物を観察してみた。もう寒い季節なのに、まだ花をつけている植物がある。ピンクのオドリコソウ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

2012/11/25 11:57
虫の家 (Insect House) ライデン大学植物園
 ライデンの植物園で見慣れないものを見た。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/11/17 00:16
菊香る文化の日
 近所の方から菊の花をいただいた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/11/05 11:50
郷士川原のツメレンゲ
 この日の植物観察は霧積温泉の予定が朝から雨が降って、近所に変更になる。いくつか候補の中でゴウジガワラでツメレンゲを見ることになった。ゴウジガワラという響きがミステリアス。聞いてみると郷士川原と書くそうで、いわくがありそう。 水力発電所の横を登っていく。このあたりには東電の水力発電所が2つある。ひとつは島川原の発電所で、御牧の湯に行くときにいつも通る。そして千曲川をちょっと下流に行った郷地川原にもう一つあり、あとで調べてみると、昭和13年に営業を開始した塩川発電所という名前の水路式の発電所だ。 ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/10/24 21:33
イングリッシュオークのどんぐり
 小屋の周りに何箇所かイングリッシュオークが育っている。どんぐりを6年ほど前にイギリスのコルチェスターで拾ってきたのが育っているのだ。柏の葉に似て、葉に切れ目が入っている。でも柏の葉よりはずっと小さい。葉っぱとどんぐりを描いたのがイギリスのナショナルトラストのマークになっている。その時一緒に拾ったイギリスの青年は、そういう発想が今までなかったみたいで、どんぐりを拾うのは初めてだと言って、喜々としていた。持ち帰ったどんぐりを植木鉢に植えた。春になると芽が出て、ものすごい勢いで伸びだした。「トトロ」... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/10/22 18:58
秋の実 軽井沢植物園V
 赤い実の特集をしたので、赤以外の実を特集する。コクサギの実は4つが一緒になって付いている。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/10/19 20:27
赤い実 軽井沢植物園U
 秋は実を見るのが楽しみだ。いろいろな赤い実がなる。ソヨゴは西の方の植物で、軽井沢では無理かと思っていたけれど、実がなっていた。葉っぱがそよそよというのでソヨゴというらしい。その名前の響きがいい。そして葉っぱが緩やかに波うっているのがいい。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/10/18 14:22
丸葉の木 軽井沢植物園T
 マルバノキ(丸葉の木)の葉っぱ丸っこい。そして一箇所からいくつか葉を出しているので、家人は皿回しをしているみたいだという。ただし私の写真ではそのあたりが、うまく撮れていない。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/10/17 21:00
百日草とコスモス
 百日草とコスモスが花盛りだ。庭を作るなら紫と白の庭を作ろうと思っていた。ところが実際には、そういう方向には行かない。結局は丈夫で毎年咲く花が残る。でもそれでいいかしらと思い出した。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/09/25 23:13
エゾオオヤマハコベ バイカモ (梅花藻) 
 赤岩神社を登っていくと休耕畑にエゾオオヤマハコベが一面に咲いている。教えてもらわないとつい通り過ぎてしまいそうだ。近づいてみると普段は見ることのない変わったハコベであることに気づく。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/09/17 07:07
カリガネソウ 赤岩の郷
 滋野公民館を千曲川の方に下っていくと赤岩の郷がある。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/09/16 08:30
アサマヒゴタイ  高峰山
 高峰山にはアザミに似ているけれど、ちょっと違う花が咲いていた。撮ってきた写真を見ながら調べてみると3つ候補が出てきた。セイタカトウヒレンは茎に大きな翼があり、花はしばしば総状とある。シラネアザミは総苞が黒っぽく、狹い翼があり、日当たりの良い草原にあるとあった。アサマヒゴタイは総苞片が細長く先が尖っていて反り返り、茎が細長いとあった。それでアサマヒゴタイということに。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/09/13 23:19
ジャコウソウ  御岳山
 御岳山を登りだして最初に目についたのがノブキの花。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/09/10 08:29
レンゲショウマ 御岳山
 山に行くつもりもなく、朝食をゆっくり食べていた。ふと、昨日、駅のポスターに御岳山のレンゲショウマ祭りが9月9日までとあったのを思い出した。もう花が終わっていると思っていたけれど、まだ見れるのかと思い、急に行きたくなった。ケーブル下の滝本駅から歩きだしたのが11時。まず武蔵御嶽神社にあるレンゲショウマを見る。神社を後にして産安(うぶやす)社の方にまわってみると群落があった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/09/08 10:57
ミズタマソウ  サワギキョウ  女神湖
 浦和の秋ヶ瀬で、花の咲く前のミズタマソウを教えてもらった。名前に惹かれて、いつか花を見たいと思っていた。女神湖で出会えた。小さな花だ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/09/06 07:28
ヒメトラオノオ  ハナイカリ  八子ヶ峰
 8月最後の植物観察は八子ヶ峰へ。まず白樺湖でアサザを見る。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/09/05 08:49
ウマノスズクサ
 見沼代用水東縁の、昨年ジャコウアゲハが飛んでいたところを、今年も自転車で行くたびに見てみる。でも今年はジャコウアゲハばかりでなく、このあたりにあまり蝶が飛んでいない。ただし食草のウマノスズクサの花はいくつも咲いていた。 花の中に毛が生えている。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/08/28 23:31
ナデシコ(エゾカワラナデシコ)
 昨日は浦和に帰ろうとして高速にのったものの、入ると同時にもう動いていない。夏休み最後の日曜の午後の混雑ということだ。仕方なく次の出口で100円払って降り、娘だけ新幹線で返す。私はこの際、植物観察会まであと2泊残ることにする。それにしても、今日も暑い。朝早く起きて山歩きするつもりが、夕方まで小屋の中。 「郵便配達は2度ベルを鳴らす」を見終わったのが、唯一やったことか。いや食事だけはちゃんとしてる。DVDのオマケ映像に1946年版の予告編がついていている。それを見ると1981年にジャックニコ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/08/27 18:51
シモツケソウ タカネマツムシソウ  八方尾根U
 学生時代に山に行っていて先輩が、シモツケソウを見てミヤマデンブだと教えてくれた。友人はすっかりそれを信じた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 3

2012/08/17 08:05
チングルマ  八方尾根T
 チングルマはかなり登らないと出てこない花なのだろうか。八方尾根の上の方まで行くと花の群落が出てきた。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/08/16 18:45
コマクサ クロユリ  唐松岳
 唐松岳の山頂の近くの稜線には、コマクサのお花畑がある。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 3

2012/08/15 08:06
百日草
 毎年、種をとってまいているのが百日草、ひまわり、マリーゴールドそしてコスモス。いずれも種子さえ撒けばすくすくと育つ。それで十分で、咲いてくれて感謝。夏の庭を彩ってくれる。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/08/13 19:30
レンゲショウマ 蓮華升麻
 庭のレンゲショウマがしばらくの間、1センチにも満たない真ん丸なつぼみをつけていた。昨日とうとう1輪咲いたのに気づいた。この花が咲くのはちょうどお盆のころだったのだ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/08/04 23:46
バアソブの花 田島ケ原
 前回行った時はバアソブの花はまだ咲いてなくて蕾だった。それで「バアソブの花はこの次」と書いた。そして今日行ってみたら花はほとんど最後だった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/08/03 20:55
スミナガシ 高尾山
 娘が忘れ物をしたと言ってきたので、麹町まで飛んでいった。この娘が中学に行っていた時は、送り出して20分ほどして忘れ物の電話をよくして来たのでスタンバイしていたものだ。せっかく東京まで行ってまっすぐに帰るのももったいないので、高尾山によることにした。電話があってから5分で家を飛び出したとはいえ、いつもどおり、スニーカーを履いているから問題はない。新宿から1時間で370円。高尾山口から歩き始めたのが11時半で戻ったのが1時45分だから2時間15分の実働。駅を降りてから、おにぎりを買い、帽子を持って... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 6

2012/08/02 21:35
オオマルバホロシ ダイコンソウ  菅平自然園U
 オオマルバホロシの花はトマトの花を紫色にしたよう。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/07/31 19:32
オニシモツケ シキンカラマツ 菅平自然園T
 菅平自然園には、森の中を一周する小道がある。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/07/30 11:48
ラベンダーにマルハナバチ
 小屋の周りのラベンダーが花ざかりになった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/07/28 20:09
ギンリョウソウ ベニバナイチヤクソウ  白駒池の花
 白駒池の周辺は鬱蒼と樹木に覆われているから、草原のお花畑のようには花は咲いていない。それだけに花を見つけるとうれしくなする。  ギンリョウソウ。花の中は深いブルーで姿が透き通るような白。葉緑素を持たない、ミステリアスな姿。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/07/19 10:24
白駒池の地衣類
 今回は白駒池の周りを歩いて、苔ばかりでなく地衣類に目がいった。ゼニゴケの仲間だろうと思って、写真をコケの先生に見せたら地衣類だった。ウスバカブトゴケ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/07/18 18:03
白駒池のきのこ 
 白駒池の周囲には苔や地衣類とともに、きのこの姿が見える。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/07/14 16:05
ネコシデ(猫四手)  白駒池 
 白駒池周辺の苔を見る観察会に参加した。一日早く行って山小屋に泊まり、苔を中心に一人でじっくりと観察した。昼間見て全然わからなかったコケの名を、夜は先生に顕微鏡も使って教えていただく。翌日の観察会も含めて充実した2日間だった。参加者はコケばかりでなく、地衣類や樹木、きのこなどに詳しい人が多くて、とても勉強になった。そうして教えてもらったのが、ネコシデ。またの名を裏白カンバ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/07/12 20:08
ノカンゾウ ヤブカンゾウ  田島ケ原
 サクラソウのころには一面の野原だった田島ケ原は、今や人の背丈より高いオギやヨシで覆われてしまった。それでも歩道際で、この時期の花をいろいろ見ることが出来る。なんといってもこの時期に人目を引くのはカンゾウの花だろう。クサフジとノカンゾウのお花畑がある。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/07/07 08:49
バアソブの花はこの次 田島ケ原
 昨年の夏、田島ケ原でバアソブの花を見た。ただし昨年はツルニンジンかバアソブか確信が持てなかった。あとでバアソブだと教えてもらった。花を見るのが楽しみだったけれど、今回はまだ蕾だった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/07/06 20:58
サギスゲ ゴウソ 鹿沢園地
 カヤツリグサ科を2種類教えてもらった。サギスゲ。ワタスゲは茎の先端に一個の小穂を付けるのに対して、サギスゲは2個から5個の小穂を付ける。小穂は白い綿毛につつまれていて、白鷺を連想させるのでこの名前になった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/07/05 22:24
アズマギク レンゲツツジ 地蔵峠
 禰津城山から観音の一番に出て、地蔵峠に登った。昨年はここいらへんに咲いていたはずと探してみるとアズマギクが思いのほかいくつも咲いていた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/07/02 21:12
アオテンマ  モメンヅル  禰津城山
 植物観察会で禰津城山(ねつじょうやま)に行った。標高820メートル。頂上に立つと眼下に千曲川と上田盆地、そして周辺の山々が見渡せて、素晴らしい眺望だ。晴れていれば、北アルプスや富士山まで見える。  アオテンマ(青天麻)はオニノヤガラ(鬼の矢柄)の茎が緑色のものをいう。確かに矢柄のように茎がまっすぐ伸びていて、葉っぱが見えず特異な姿だ。この植物は葉緑素がなく自らは光合成をしない。ナラタケ菌と共生すると言われている。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

2012/07/01 20:10
アスチルベ 山アジサイ
 ピンクのアスチルベ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/06/30 23:34
キバナノヤマオダマキ 
 明神館の下の用水路に沿って散歩した。キバナノヤマオダマキの株があった。本州中部のオダマキはこの種類が多いという。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/06/29 18:41
ドクダミの花
 3種類のドクダミの花が咲いた。普通のドクダミ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2012/06/27 00:16
西洋菩提樹の花
小屋の芝生の真ん中に西洋菩提樹がある。8年前に小屋を建てた時に、シンボルツリーにしようとして植えたのだ。シンボルツリーと言っても、大きな木を植えてもらったのではなくて、ネットで取りよせた1メートルほどの幼木だった。しかも最初の冬には本体がかれてしまって、横から出て来たのを育てたので、なかなか大きくならなかった。それがここに来て見上げるほど、大きくなった。昨日近くで見上げたら薄黄色の花を沢山つけていた。初めてだ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/06/25 21:47
湯の丸高原と高尾山のネコノメソウ
 植物の先生から、湯の丸高原で見ることのできるネコノメソウ4種類を聞いたので、この地域で今まで見たネコノメソウが何であるか分かって来た。ネコノメソウは不思議な花の付き方をしている。苞片にあたる葉っぱの上にいくつかの花がつく。花には花びらが無くて萼片がついている。  ネコノメソウ 雄しべが4個で葉が対生。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/06/21 11:17
されどバラ
 バラは、難しい植物だと思う。でも、なんとか生き残って花が咲くと、やっぱりパラって素敵だと思う。そんな中で、大きな花を毎年付けて良い香りをさせているのがこのバラ。通りかかる人が「いいにおいですね」なんて言ってくれるとやっぱり嬉しい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/06/20 15:22
ジャガイモの花
 埼玉よりだいぶ遅れて佐久の菜園に植え付けたジャガイモが花をつけ出した。ジャガイモはマリー・アントワネットのころには花を見る為に取り寄せたというだけあって、なかなか美しい花をつける。植え付けしたのは男爵とキタノアカリがほとんど。あと、赤のノーザンルビーと紫のキタムラサキも植えた。植えてしまうともう、どれがどの種類かわからなくなってしまった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/06/19 12:44
ノビネチドリ、アオチドリ ハシリドコロ 湯の丸高原
 ノビネチドリ。葉っぱのふちが細かく波打って、フリルのようになっている ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/06/18 09:26
タケシマラン 高峰高原
 タケシマランは一人でいたら絶対に気がつかない花だ。観察会に参加して良かったと思うのはこういう花を教えてもらった時だ。前回、冠着山でウスバサイシンを教えてもらった時もそう思った。タケシマランはランではなくてユリ科で、5ミリもないような小さな花を付けている。良く見るとなかなか整っている。ルーペを持って一人で来てじっくり見たいと思う。撮れた写真はピントが甘かった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/06/18 09:23
「阿修羅のジュエリー」とコヨウラクツツジ(小瓔珞躑躅)
 高峰高原で見たコヨウラクツツジ(小瓔珞躑躅)の花は、1センチにも満たない。でも良く見ると下を向いて咲く、美しくて整った花だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/06/17 14:29
赤坂のマルハナバチ
 赤坂見附のナツツバキが咲いていた。見ていたら、マルハナバチが花から花へとせわしなく飛びまわってる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/06/15 22:33
キューイ サルナシ マタタビ
 小屋のキューイの花が咲いた。黄色い果肉の種類なので、咲き始め白っぽい花が、だんだん黄色くなる。これは雌花。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2012/06/14 23:07
峰桜  高峰高原
 高峰高原にはまだ桜が咲いていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/06/12 23:57
カンボクの花にコアオハナムグリ  国営アルプスあずみの公園  
 この時期カンボクの花がきれいだ。アジサイに似て沢山の白い花のまわりに装飾花がつく。ヤブデマリやムシカリなどと似ているけれど、カンボクは葉っぱが3つに割れているので区別がつく。秋につく真っ赤な実は、美しいけれど、食べられない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/06/11 22:02
シコタンソウ、シコタンハコベ  国営アルプス安曇野公園
 国営アルプス安曇野公園は広大な敷地の向こうに常念岳を望む公園だ。様々なテーマに沿って園がしつらえてあるものの、私にはゆったりと広がる植物園に見える。適当に名札が架かっているので、植物の名前を確認するのによい。この日は晴天とはいかないまでも、常念岳が望めた。久しぶりに北アルプスを望むとやっぱり登りたい気持ちもおきる。「高山の植物」にあった印象深い花を選んだ。  シコタンソウは5つの白い花びらの中に、赤と黄色の斑がある。黒い斑と黄色い二つの蜜腺を持つアケボノソウを思い出す。でもシコタンソウはユキ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/06/06 15:34
ルピナス
 小屋の庭にルピナスが咲いた。何年か前に色違いのルピナスを何鉢か植えてから、毎年こぼれ種から成長する。今年はいつになく沢山の花が咲いた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/06/05 11:24
榎の根もと 道満公園
道満の公園でヤドリギに覆われたエノキを見てから気を付けて樹木を見てみると、この公園にはエノキの木が多いことに気がつく。エノキは欅ほど知名度も存在感もないけれど、道満公園には立派な榎の木が沢山ある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/06/03 18:02
エノキにヤドリギがたくさん 道満公園
 彩湖のほとりに道満公園があり、大きな釣り堀がある。その駐車場の真ん中に大きなエノキ(榎)の木があり、たくさんのヤドリギ(宿木・寄生木)が寄生している。一本の木からこれだけ生えていると、エノキの養分が全部吸われてしまわないか心配になる。ヒレンジャクなどの鳥のお腹を通った種子は、粘り気があるので容易に木に付着するという。それから鳥が実を食べて、種を枝にこすりつけると付着してしまうらしい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/06/02 19:53
ヘビイチゴとヤブヘビイチゴの螺髪(らほつ)
 奈良の大仏や鎌倉の大仏の頭にこぶのようなのがついている。螺髪(らほつ)という。螺とは巻貝の意味だ。悟りの境地に達した仏様にだけこの特徴が現れる。たとえば水かきがあるとか、足が偏平足であるとかの一つだ。 さて、ヘビイチゴの類にも螺髪がついている。  まずヤブヘビイチゴ。比較的実が大きくてつやがある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/06/01 10:12
ミヤマエンレイソウ 六分水・枡場の植物 U
 斜面に沿ってミヤマエンレイソウの群落があった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/05/30 08:23
観音二十五番の六分水・枡場の植物 T
 東御市から地蔵峠を越えて鹿沢温泉に抜ける道を湯道といい、街道沿いには百体観音がある。地蔵峠が八十番で、鹿沢温泉が百番の観音がある。昨年の東御市の植物観察会ではこの湯道に沿って鹿沢温泉に行ったり、池の平に足を延ばしたりして12回実施された。今年は、会ではもう少し遠出することになったので、湯道沿いにはあまり行く機会はがなくなった。でもこの街道沿いは出かけやすいし、道路から少し入ると、渓流沿いに観察ポイントがいくつもあるのでこれからは、個人的に訪れようと思っている。  昨年の観察会では寄らなかった... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/05/29 10:33
ボコ抱き岩  冠着山(姨捨山)U
 冠着山に登るには、上山田温泉から車でかなり登る。道の途中で植物の先生が、「ボコ抱き岩」を教えてくれた。この場合ボコとは赤ちゃんのことだろうか。なるほど左側に赤ちゃんを抱いているように見える。そういえばネパールのエベレスト街道にもアマダブラム(6856メートル)というお母さんが赤ちゃんを抱いている山があった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/05/27 19:41
秋ケ瀬の白い花たち U
 ハナウドは、大きく伸びた茎の先に白い花を沢山つけて立っている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/05/26 13:56
秋ケ瀬の白い花たち T
 佐久からの帰りに、荒川沿いの秋ケ瀬を通った。ピクニックの森を歩いてみる。目に付くのは白い花たちだ。小さな細い白い花を房状につけるイボタノキの姿があちこちに。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/05/25 19:39
ベニバナトチノキ 
 イギリスに行っている娘がメールをくれた。「このピンクの花は何?公園でとても目立つんだけど」とあって、遠景と花の拡大写真が添付してある。それは、今ちょうど小屋の池のほとりで咲いているベニバナトチノキだった。娘は時々小屋に来ていたくせに、花の時には来ていなかったわけだ。「英語でconkerまたはhorse chestnut、フランス語でmarronnier(マロニエ)、そして日本語では栃の木よ。栃の花は普通は白いけど、これはピンクなので紅花栃の木になります」と書いておいた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2012/05/24 23:43
ウスバサイシン 冠着山(姥捨山)T
 植物観察階で冠着山(かむりきやま)、またの名を姥捨山(おばすてやま)に登った。標高1252メートルとはいえ、山頂からは田毎の月の棚田をすぐそばに、そして善光寺平が実によく見える。一番印象に残ったのはウスバサイシン。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/05/24 00:10
シラネアオイ クマガイソウの花 軽井沢植物園
 軽井沢植物園で印象に残るのはシラネアオイとクマガイソウだ。どちらも自然の中ではなかなか会えない。自然に咲く花としては大きくて、印象深い。だから簡単に会えるようなところに咲いていると、無くなってしまうことが多いのだろう。それとも、もともとあまりなかったのだろうか。  シラネアオイは自然の中で2回会った。一度目は谷川岳の一の倉沢で登山訓練をしていた時。雪渓からちょっと岩を登ったところに咲いていた。二度目は文字通りその名のもとになった日光白根山。山の花が小ぶりのものが多いのに、この大きさ、そして不... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2012/05/22 22:39
マルメロ、トチ、藤の花
 長野の小屋に10日ぶりに来てみると、木に咲く花はすっかり入れ替わっている。マルメロの花が満開だ。種類が近いとはいえ、花梨の花とはちょっとだけ違う。こちらは色が薄くて、花が大きい。それにマルメロの果実は毛で被われているだけあって、葉っぱにも毛が多い。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/05/21 21:29
柿・蜜柑の花と藍
 我が家の庭は小さいながら、少しは変化がある。こぼれ種から藍が育っている。綿の種も蒔いたけれど、まだ発芽していない。熱帯の植物だからもう少し熱くなってから、もう一度蒔いてみよう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2012/05/20 20:55
コンニャクの花
 庭からちょっと異臭がすると思ったら、コンニャクの花が咲いていた。庭に植えっぱなしだから時々咲く。  それにしても、コンニャクばかりでなく、水芭蕉、ザゼンソウ、マムシグサ、ウラシマソウなどサトイモ科の花は不思議なつき方をする。仏炎苞(ぶつえんほう)と呼ばれる大きな苞の中に沢山の花を咲かせている。そしてマムシグサのように毒なのもあれば、コンニャクのように嫌な匂いを出すのもある。そしてびっくりするのはコンニャク芋はそのままだとエグくてとても食べられたものではないのに、よくぞ食べるようになったという... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/05/19 21:53
ヤエムグラの果実
 ヤエムグラの果実は2ミリぐらいしかない。よく見ると鉤状の毛が沢山生えている。これで人間とか動物にくっつき、ひっつき虫となって種子を運んでもらう。葉っぱにも茎にも毛が生えていて、菜園で除草していている時に、ヤエムグラを引っこ抜くと軍手にくっつく。手を振ってもはがれない、もう片方の手ではがそうとすると、そちらの手にくっついてとれない。マジックテープよりも精巧に出来ている。なかなか粘り強い存在だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/05/17 23:34
水辺公園
 今日は一日雨の予報だったので、自転車を使わなくても行けるところと思い、水辺公園を歩いた。正式には六辻水辺公園といい、見沼代用水西縁支線に沿って作られた3キロほどの遊歩道になっている。家から直ぐに遊歩道にはいり、終点の笹目川までは2キロほど。時々散歩に行っていたけれど、眺望が開けないので、時間のある時は見沼田んぼか、彩湖に出かけていた。  歩いてみるて、植物がいろいろあるのにびっくりした。というか、最近植物をよく見るようになったので、今まで目に入らなかった植物が目に入るようになった。歩道沿いに... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/05/15 21:26
布引観音の植物 U
 観音堂を通りすぎてお昼のあとは、布引観音の裏の山を歩く。今までは、観音様のところに行く道しか知らなかった。裏山のことが分かったので、これからは裏の森も回ってみよう。  ザイフリボクは、別名がシデ桜。白い花が神社の四手に似ているので名がついたという。小屋にあるジューンベリーはこれの洋種だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/05/13 21:38
布引観音の植物 T
 布引観音の植物観察に行く。お弁当持参で午前も午後も観察。先生の説明を聞き、せっせとノートを取り写真に写す。  アケビの雌花と雄花。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/05/13 20:23
洗足池の猫
 東工大で行われた、学生と一般人の為の養老孟司氏の講演会に行った。帰りに、近くにある洗足池に寄った。猫がいた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/05/12 21:50
湯道に咲く花
 湯の丸山の帰りに、湯道の渓流に沿って観察してみた。道路からちょっと下ると、渓流の道に出る。百体観音の61番付近の流れ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/05/11 23:19
牡丹の木が生きていた
 小屋の庭で、嬉しいことを発見した。枯れた牡丹の木から幼木が出ていたのだ。この牡丹は鎌倉の鶴岡八幡宮で買ったものだ。息子が中学を終わる頃だから随分前のことだ。珍しく二人で鎌倉を歩いた。最後に鶴岡八幡宮に出ると、寒牡丹展をやっていた。園を出たところに牡丹の苗が売っていて、息子が買って欲しいという。正岡子規は牡丹の花が好きだったというのだ。  息子は中学の”読書の時間”というので、「坂の上の雲」を読んでいた。正岡子規と秋山真之・好古兄弟の物語だ。毎日20分間、職員が朝会をやっている間が、読書の時間... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/05/11 20:20
桜のあとはリンゴの花たち
 2週間ぶりに小屋に来てみると、庭の桜はほとんどが咲いて、散ってしまっていた。心配はしていたけれど、花を逃すのはとても残念だ。浦和の桜を見たら、次はこちらの桜と思っているのだから。桜は木に咲く姿を見るだけでなく、手折って活けて目の前で愛でたい。でもよその枝を切る訳にいかない。小屋の庭に桜を植えた時には、手折れる日が来るのが楽しみだった。  ウコンザクラは遅いので、まだ満開だ。ウコンザクラの花は最初は黄緑色で、次第に花びらの芯の緑色が濃くなり、全体にピンク色がかってくる。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

2012/05/10 11:35
カラスノエンドウ(烏の豌豆)とスズメエンドウ(雀の豌豆)
 カラスノエンドウは花の色が濃いピンクで、良く目に付く。、家の菜園にも出てくる。豆が黒いので名前がついたという。   カラスノエンドウの托葉の付け根には、黒っぽい花外蜜腺がある。なるほど上の写真にもアリが登場している。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/05/06 13:07
ヒラタケを食べる
 7日目になって、ヒラタケが大きく開いた。1瓶分をソテーにして食べる。歯触りがあって、美味しい。  16瓶あったうち、4瓶を友人にプレゼントした。残りの12瓶のうち4瓶のヒラタケが大きく育った。後1瓶はまだ小さいけれど育ちつつある。そして後の7瓶からは育っていない。家人は最初に蓋を取ったときに、上にあった白いのを剥いだのがまずかったかもしれないと言う。確かにその部分に菌糸が集まっていたかもしれない。でも瓶栽培はうまくいけば2回も3回も収穫できるそうだから、様子を見てえみよう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/05/05 08:33
カラスムギの花
 カラスムギは下を向いて小穂が垂れるのですぐに識別できる。カラスが羽を広げているようでもある。そのカラスムギが頴を広げてオシベの葯を垂らしている。つまり花が咲いたのだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/05/05 08:02
ヤセウツボ 上沼調整池
 昨年、ヤセウツボが一本だけ生えている姿を教えてもらった。葉緑素がない特異な雰囲気の植物なので、印象に残った。その後、彩湖の近くのムラサキツメクサの群落の中に、沢山生えているのを見つけた。土色で目立たないので、その気にならないと、案外気がつかなかったかもしれない。今年は上沼調整池を歩いていて、ムラサキツメクサのそばに出ているのを見つけた。良く見ると、いくつも生えていた。繁殖 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/05/04 19:09
ツボスミレ、シロバナの桜草
 蝶を撮った28日に、ミニ彩湖にはまだ桜草が咲いていた。ピンク色が咲いている一画と白いのが咲いている一画があったから移植したのだろう。桜草は以前は荒川の赤羽近くの浮間や、戸田に咲いていて行楽客が沢山訪れたという。今では浦和の田島ケ原に残っているだけだ。その田島ケ原も護岸工事が行われて、洪水が起きなくなった。水浸しにならないから、湿地を好む桜草には向かない土地になりつつある。そういう意味では、ミニ彩湖のほとりというのは、小さいながら、なかなかいい場所かもしれない。白い桜草の方に目が行った。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/05/03 21:04
ヒラタケの瓶栽培
 庭を見ていて驚いた。ヒラタケの瓶からキノコが生えている。蓋を取り、水を注ぎ、日陰においてまだ5日目だ。菌類というのはある時点で、どっと成長するらしい。まだキノコを出していないのもあるから、個体差があるようだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/05/02 14:55
イヌノフグリ・オオイヌノフグリ・タチイヌノフグリ
 イヌノフグリ類に3種類ある。 イヌノフグリ…この三種類の中で、イヌノフグリだけが在来種。ちょっとピンクがかった4ミリほどの小さな花だ。他の二つに追われて、少なくなったいるらしく、なかなか会えない。こちらは蕾。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/05/02 09:38
ヘラオオバコ 彩湖
 オオバコはいかにも雑草の感じがする。まず姿が地味で、花などは見えない。人が踏みつけるような裸地に、平気で生えていて強そう。それで、オオバコについて読むまでは、見過ごしていた。  一方でヘラオオバコは外来種なので、歓迎されてないとはいえ、姿が線香花火みたいでもあり、ファンタスティックで、姿を見るのは楽しみだった。   ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/05/01 21:34
ヒラタケ栽培
 農家の店「大地」にヒラタケの瓶栽培セットが売っていた。1200円とあるから1瓶の値段かと思った。レジに一ケース持って並んでいる人がいたので、「こんなに沢山、すごいですね」と言うと「全部で1200円ですからね」という。それで私も買うことにする。私が取ったらすぐに次の人も取った。きのこの栽培には子供のころから憧れていた。瓶の口からウワッとキノコが出ている写真を見て、いつか私も栽培キットを手に入れたいと思っていた。とうとう買った。16個も入っている。この後が楽しみ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/04/28 23:06
ほうき草の箒
 昨日の雨で花梨の花ビラが落ちた。まだ湿っているので竹ぼうきで掃いても、「ぬれ落ち葉」状態でうまくはけない気がした。そこに家人が、自らほうき草で作った箒を持ってきた。掃いてみるとなめらかで力がいらない。まるで書道の筆で掃いているみたい。花梨の花は、花ごと落ちたものがないので、今のところヒヨドリに目をつけられていないみたい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/04/28 12:00
キュウリグサ サソリ形花序
 先日狭山丘陵でヤマルリソウを見て、同じムラサキ科で花がそっくりなキュウリグサのことを思い出した。それで家のそばに生えていたキュウリグサを取ってきて、観察してみる。ヤマルリソウは採集するわけにいかないけれど、キュウリグサは持って帰れる。ヤマルリソウの花が1センチほどあるのにキュウリグサは2ミリ程度しかない。注意してみないと、花がかわいらしいことに気づかない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/04/27 19:23
花梨の花が咲いた
 庭の花梨の花が咲いた。午前中に見たときはまだ蕾だった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/04/26 07:50
ヤマルリソウ 狭山丘陵V
 ヤマルリソウは12、3歳の少女のような花だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/04/25 20:27
二輪草 狭山丘陵U
 コケの観察会でご一緒した散歩道さんのフィールドである、狭山丘陵の自然観察会に参加した。私には学ぶものばかりで、いい午後を過ごした。谷筋には二輪草の群落が広がっていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/04/25 20:23
ハナミズキ 上谷沼調整池
 上谷沼調整池にはハナミズキの花が咲いていた。昔はハナミズキは見かけなかったけれど、いつしか染井吉野が終わるとハナミズキが咲くというのが季節の推移を感じさせるものになった。この花は日本の花と風情がちがっている。軽やかな感じがする。今風の住宅に合うのだと思う。見ると気持ちが軽やかになる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/04/24 20:30
クリスマスローズ
 クリスマスローズは小屋の南側に植えている。冬の寒さで葉っぱが枯れてしまうので移植したのだ。葉っぱが全部枯れても花はつける。でも花だけ付けているクリスマスローズは痛ましい。   ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/04/21 08:49
薄黄色の花たち
 久しぶりに小屋に行ってみたら、梅の花が数輪しか咲いていなかった。それが目に見えて次々と花が咲いた。早い木は3日目には満開に近くなった。「梅一輪一輪ほどの暖かさ」である。近年になく寒い冬だったので花の推移は遅れているようだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/04/20 22:28
上谷沼(うわやぬま)調整池
 久しぶりに上谷沼調整池を歩いた。家から2キロほどを自転車で行った。染井吉野はもう終わりに近いけれど、しだれ桜は満開だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/04/15 13:14
サルトリイバラの花
 今日は一日雨。蕨の茶処「風の花」に行く。ワンコインで飲み物と甘味がいただけるので、コーヒーと善哉にする。娘は抹茶と桜餅にした。お母さんとお嬢さんの注文が逆ですねと言われた。そうねえ、私の好みはいつまでも成熟しないのかしら。  雨なのでお客は私たちだけ。おかげでスタッフの方達と話が出きて、色々な情報をいただいた。庭にはサルトリイバラの花が咲いていた。そして利休梅が満開で、白い花びらが雨をのせて重そうにしていた。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/04/14 19:08
関東タンポポ 秋ケ瀬
 秋ケ瀬には関東タンポポがある。総苞が反り返っていない。西洋タンポポよりも花が、大きいような気がする。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/04/13 22:31
田島ケ原の桜草
秋が瀬では、桜が満開だった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/04/11 15:57
母の椿
  桜の頃になると敷地のすみに椿の花が咲く。15年ほど前に、母が挿し木をした中から一本だけ育った椿だ。本人がいなくなっても木が残るのはいい。ただしこんな狭いところに植えられて、あまり育っていないのは、ちょと可哀想。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/04/09 18:45
大仏ハイキングコース
 浄智寺の横を登ると道が狭くなり、人しか通れなくなる。NHKの「美の壺」では鎌倉の良さは車も入れないような細い路地にありとあったけれど、昔に舞い戻ったような感覚になる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/04/07 22:19
小林秀雄の墓 東慶寺
 東慶寺に行くと、いつも小林秀雄の墓にお参りする。。前回から数年たっているのでまた分からなくなった。園内の整備をしている方に場所を聞くと親切に教えてくださる。何時もはひっそりとしているお墓が今回はお花が沢山あげてあり、華やかに見える。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/04/05 21:25
クリスマスローズのトールペイント
 知人がトールペイントを作る人を紹介してくれたので、体験させてもらう。クリスマスローズを描かせてもらった。すっかり用意してくれたので、私がやったのは花びらと葉っぱの一部を塗るだけ。でもちょっとだけコツがわかった。私の本命は小屋の前にマルハナバチを描いた看板を作ることだ。次回は基本の描き方を教えてもらうことになっている。その後マルハナバチに取り掛かれたらいい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/04/04 21:07
ハナネコノメ 高尾山
 高尾山でハナネコノメを見てきた。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/04/02 20:11
探鳥会 浦和民家園
 浦和の民家園は見沼田んぼにある。入口付近のしだれ桜は他の桜に先駆けていち早く咲きそうだ。黄色いめしべのようなものが蕾から顔を出ている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/04/01 17:04
有栖川公園のシダの新芽
 有栖川公園では、大きなシダの新芽が伸びていた。みっちりと毛に覆われて、これからの成長を内に宿しているように見える。この後、丸まった新芽は大きく伸びて葉を展開していくのだろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/04/01 16:05
チヂミバコブゴケ
 有栖川公園にはコケも生えていた。岩の上に白っぽいものをつけた、小さなコケが生えていた。よく見ると白いのは凾セった。ファーブルミニで見るとサクの下部にコブが見える。白っぽい帽は凾包み込むほど大きい。まだ若い。この後、帽が取れて、凾フ色が濃くなって行くのだろう。  もう一つ凾フ写真を撮った。ヤノネゴケだろうか? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/03/31 13:09
有栖川公園の花たち
 広尾に行ったので、有栖川公園に寄った。池とせせらぎがあり、高低差のある変化のある公園だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2012/03/30 16:54
クロヤナギ(黒柳)
 大船植物園で、印象に残ったのはクロヤナギ(黒柳)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/03/16 15:18
ひすいかずら
 大船植物園の温室で一番印象に残ったのはヒスイカズラだ。翡翠の緑というより、白みがかったコバルトブルーだろうか。この青は美しい。唐辛子のうような形をした青い蕾を、房のようにたくさん垂れ下げている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2012/03/15 18:17
レバノン杉とタラヨウ  林試の森
 旧約聖書にレバノン杉が出てくる。新宿御苑にあると友人が言う。その後、散歩道さんのブログには林試の森にあると出ていた。「やっぱり不思議なキリスト教」のシンポジウムに行く前に、東工大のある大岡山駅のちょっと手前の武蔵小山駅で下りて林試の森に行ってみた。入るとすぐにあった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2012/03/06 10:27
クリスマスローズ
 昨日は雪が降り5センチほど積もったのに、今日は暖かくて春めいている。思えば今日は3月1日。いつまでも冬のつもりでいたら、庭のピンク色と黄色のクリスマスローズが咲いていた。今日から私の気持ちも春にしよう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2012/03/01 15:14
中勘助「銀の匙」の植物と動物
 中勘助という名前も「銀の匙」という書名も、随分前から印象に残っていた。その中勘助が、数年前に読んだ「野上弥生子日記抄」に彼女の初恋の人として登場していた。そしてちょっと前に、書店に『銀の匙』が平積みになっていて、灘中の国語の授業で話題の本と注釈がついていた。それで、とうとう読むことにした。  「銀の匙(さじ)」とは病弱だった幼い主人公が、薬を飲むときに使っていた匙だ。そういえば、私の幼いころも、まだスプーンなどと言わずに匙と言っていた。  この本は中勘助が27歳の時に幼い時を回想して書いた... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/02/06 09:53
クジラタケ
 木曾呂の斜面林の大きな切り株に、猿の腰掛状の白いキノコが沢山生えていた。一つ持ち帰った。軽くてふわふわに見えるのに、触ると結構固い。図鑑でサルノコシカケ科の中で白いのを探してみた。クジラタケのようだ。クジラタケは広葉樹の枯れ木に発生する。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/02/04 21:38
クズの冬芽・葉痕
 見沼代用水東縁(ひがしべり)に沿って木曾呂の斜面林の下を歩いた。遊歩道のそばに沢山生えているのは、アオキ、シロダモなど低層木だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2012/02/03 16:00
マサキ(正木)の実
 近所を歩いていたらマサキの実がなっていた。子どもの時に浦和に引っ越して来て、付近の家に垣根が多いのが印象的だった。垣根はほとんどがマサキかヒノキだった。マサキはつやのある明るい緑色の葉で、ヒノキの垣根よりも親しみが持てた。マサキの赤い実を知ったのは最近のことだ。ニシキギ属なので、ツリバナやマユミと似た実の付き方をする。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/02/01 17:51
ヒメユズリハの実
 南越谷の駅前に、ブドウのように実がなっていた。実の茎も、葉の茎も赤い。ユズリハではないかと思ったけれどヒメユズリハのようだ。林将之氏の「葉で見わける樹木」によればヒメユズリハについて「葉がユズリハほど垂れ下がらないので、若々しい雰囲気があり、公園樹などにはむしろ本種の方が好まれる」とある。さらにユズリハの名前の由来については「古い葉が新しい葉に世代を『譲る』ように見えるためで、子孫繁栄を象徴する縁起のよい木とされる。古くから庭木にされるほか、正月のしめ飾りや鏡餅にも本種の葉が飾られる」とある。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/31 09:45
旧乃木希助邸・乃木神社
 赤坂に用事があったので、旧乃木邸と乃木神社に寄ってみた。乃木希助が明治天皇の大葬の日に、妻静子と共に自刃した屋敷が残っている。50坪ちょっとのシンプルな木造の家だ。今見ると、山荘のようでモダンな感じもする。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/01/27 21:15
ソシンロウバイ(素心蝋梅)
ここのところ、雪が降ったり寒い日が続いている。昨日は近所を散歩をしていて、蝋梅の花を見つけた。黄色いろうのような質感の花だ。花の中心も黄色なので、これは素心蝋梅のようだ。長野の小屋の庭にも植えたけれど、寒さのせいか木がだんだん小さくなり、花が全然咲かない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2012/01/23 22:35
ハワイのシダ
植栽してあるシダは元気よく育っていて、ソーラスも水玉模様で立派だった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/01/18 16:35
ハワイの木
インドから来たという、バニアンの木(Banyan Tree)の根っこ。カピオラニ公園には何本もあって、この木の下には白い鳩が沢山いた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/01/18 16:21
ハワイの花
ブーゲンビリア(Bougainvillea)。 花弁のように見えるのは苞で、実際の花はその中から出ている白っぽいのだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/01/18 13:09
ライオンズイヤー(Lions Ear)
ダイヤモンドヘッド近くで、種子が団子状で串刺しになっている植物を見た。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/18 12:01
ミニ彩湖
久しぶりにミニ彩湖に行った。上から見るとススキの枯野の中だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/29 14:59
小林正明氏の「種子のデザイン 旅するかたち」
 小林正明氏の「種子の旅するかたち 葉っぱから花・種への変身」の講演会を聞きに銀座のINAXギャラリーに行ってきた。会場で気がついたのは、小林正明氏は私が身近においていた「花からたねへ」の著者だったことだ。直接ご本人から、沢山の映像とともに説明してもらうのはとても勉強になった。  種子植物のオシベとメシベはもともとシダ植物の、卵を作る胞子と精子をつくる胞子が進化したものだ。そして葉は進化して花になった。植物は動けないので様々な戦略をたてて、種子を散布する。葉から進化した花の各部分はオシベ以外は... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/12/22 23:50
美男蔓(ビナンカズラ)
 考えてみると転倒してから、一カ月以上自転車で観察に出かけていない。彩湖にも見沼田んぼにも行ってないのだ。車で通りがかったので、久しぶりに見沼代用水東縁を歩いた。代用水に沿った斜面林の縁には、赤い実がなっていた。ビナンカズラ、シロダモ、カラスウリ、ヒヨドリジョウゴ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/12/19 21:22
「FOOD PLANTS」
 植物好き、野菜の料理好き、そして菜園を耕す私にとって、今日の届け物は本当にうれしかった。イギリスに滞在している娘が誕生日のプレゼントに贈ってくれた本だ。オックスオード大学出版から出ている「FOOD PLANTS」。日本では、描き手がいなくなって、新たに手描きの絵入り植物図鑑を出版するのは難しいそうだけれど、この本は食べられる植物を描いた絵が沢山載っている。それぞれの植物について、花、葉、実、構造など美しく、かつ詳細に描いている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/18 17:55
山茶花
 駅に行く途中のマンションの、生け垣の山茶花が咲き出した。藤袴もまだ咲いている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/12/13 00:02
越前水仙
 知人が福井県に旅行して、一週間ほど前に越前ガニを送ってくれた。ネギのようなニラのような葉が添えてあったので、後で鍋にでも入れようと思って冷蔵庫の野菜室に入れておいた。昨夜タジン鍋に入れようと、冷蔵庫から葉を取り出した。越前水仙だった。水もないのによくも咲いていてくれた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

2011/12/04 10:55
ガガイモの種が空を飛ぶ
小屋の上をガガイモの種がふわふわと飛んでいた。取って来た時は莢に入っていたガガイモを下屋のテーブルに置いておいたので、いつの間にか莢から出て、風に吹かれたのだろう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 5

2011/12/01 18:22
御代田のツルリンドウとオオスギゴケ
先日薪をいただいた森で、下を見ながら歩いていたら、ハート形の葉をつけ、暗い赤色の実をつけた背の低い蔓がはっていた。姿がとても整っている。ツルリンドウだった。9月か10月に薄紫の花をつけ、その後、赤い実をつける。出会えてうれしい。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/11/29 18:43
十月桜
 小屋の前に十月桜が咲いている。育ちが遅くて、咲かない年もあるのに今年はたくさん花をつけている。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

2011/11/27 23:48
ホトケノザ(仏の座)
彩湖のほとりにピンクの小さな花が沢山咲いていた。近づいてみるとホトケノザだ。葉っぱが仏様の台座のようなのでホトケノザ(仏の座)という名前がついている。花はピンク色で唇をすぼめて突き出したような形をしている。春にこの花を見るのはいいものだ。でもホトケノザは春の植物であって、この時期に沢山咲いているとつい、西洋たんぽぽが刈っても刈っても一年中出てくるのをイメージしてしまう。こういうのは外来種ではないかと調べてみると、古い外来種とある。地球温暖化のせいで秋から春まで咲くのだろうか。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/11/21 21:00
彩湖の種子
彩湖で見た種子たちだ。まずアオギリの種子。最初は豆のような実のつきかただったものが、その後サヤがひらいて船というか円盤のような形になり、種子を4つつける。種子の拡散の「空飛ぶ円盤」作戦だ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/11/19 11:14
モルタルからツタバウンランが咲いてる
近所のアパートのモルタルの外壁から、かわいい花が咲いている。トキワハゼやムラサキサギゴケに似ているのでゴマノハグサ科らしいけれど、ヤマケイの図鑑には載っていない。帰化植物図鑑を見たら、地中海原産で観賞用として大正時代に入ってきたツタバウンランとある。モルタルのわずかな隙間で生えるのだからとても丈夫だ。でも日陰には育たないのだろう。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/11/09 14:25
茶豆の莢、ガガイモの莢
今年の枝豆の出来は最初は良かった。最初のころは虫もついてなくて美味しく食べた。ところが、一斉にみのって収穫に通うのが追いつかなくなった。それじゃあ、大豆の豆として利用しようとしてほっておいた。今回枝豆を収穫しようとしたら、ほとんど豆がついてない。はじいてしまったのだ。植物が増えようとして行う、種子の戦略だろう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/11/08 19:11
笹目川のクサギの実、コサギ
クサギの実がなっているころだ思いつき、クサギの花が咲いていた時に目をつけておいた笹目川に行った。道路から見るとすぐそこにあるのに、数メートル下の河川敷から生えているのでいざ取るとなると手が届かない。実が熟した後は、束になって落ちるようなので、落ちている実も拾う。でも草木染めをするのには足りないかもしれない。青い実と赤いガクはブローチみたいだ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/11/02 19:10
コミカンソウの実
家の近くの駐車場にコミカンソウの実がなっていた。実の大きさは3〜4ミリ。とてもかわいい。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/10/29 20:04
秋の葉っぱ
湯の丸高原の最後の植物観察に行った。今回は紅葉の観察だ。説明を受けた葉っぱを拾って、ボールペンで名前を書いておいた。個々の葉っぱに注意が行って、美しい紅葉を撮らなかった。でも、山の紅葉はとても美しかった。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/10/26 21:07
秋の実
小屋の近くの森から、木の実を集めてきた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/10/25 21:30
秋の種子
秋の野山を歩いて楽しいのはいろいろな木の実や種子があることだ。それにキノコも下から生えるので目線はどうしても下に行く。子供たちが小さかった時も、秋になると下ばかり見て歩いて、なにかしら拾おうとするのだった。昨年の秋には種子のコレクションをしてみた。印象深かったのは、ユリノキ、ガガイモ、ムクロジなど。今年も種子の季節になった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/10/22 17:41
コスモス
8年前、小屋を建てる土地を整地して何もなかった所に最初に咲いた花がコスモスだった。だから思い入れがある。毎年こぼれだねで生えてきたコスモスを間引きしながら育てている。砂漠にコスモスは育たないと言うけれど、コスモスは手がかからなくてよく育つ。密に生えると貧弱にしか育たなくて、間隔をおくと大きく育つ。育ちすぎて倒れてしまう。それでも頭を起こしてきれいに咲く。花のシーズンが終わるころに、来年たくさん咲いてほしいタイプの種子を取って、それも春に蒔く。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/10/18 23:19
朝鮮五味子(チョウセンゴミシ)
果実酒の中で朝鮮五味子が一番おいしいというのを読んで以来、この秋はこの実に出会いたい思いで山を歩いていた。でも木には出会えても実には出会えなかった。それが今日、初めて実に出会えた。蕨の茶処「風の花」にアケビの実と一緒に飾ってあった。信州の山荘から取ってきたそう。これからは山でこの実がなっていれば見分けることができる。ブドウの実を真っ赤にして小さな房にしたような、美しくてかわいいまるでブローチみたいな実だ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/10/15 22:19
湯の丸高原のリンドウ
このリンドウは、クリーム色と紫色で微妙な色合いをしている。10月になって咲くリンドウだ。何とかリンドウでなくてただリンドウという名だそう。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/10/14 09:54
イングリッシュオークのドングリ
小屋の周辺にイギリスで拾ってきたドングリから生えてきた樫の木が育っている。イングリッシュオークだ。柏の葉に似た葉をつける。イングリッシュオークの葉とドングリはイギリスのナショナルトラストのマークになっていて、大きな木をあちこちで見た。今朝、折から遊びに来ていた姉がドングリがなっているという。コナラのドングリよりも大きめなドングリが一つだけついていた。初めての実だ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/10/13 21:00
小屋の周辺
小屋の隣の稲は刈られて稲わらが三角に干してある。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/10/12 20:55
東御のキノコ サケツバタケ キヌメリガサ
この時期になるとキノコに興味が行く。今回は明神池の周りや山の方でいくつかキノコを採集した。でも鑑定してくれる人がいないと同定がむずかしいい、まして食べるとなると最終的に自信が持てなくて地団太を踏んで終わるのが常だった。でも今回は松之山の旅館凌雲閣の料理長でキノコに詳しい方にお会いした。すると我々の持っていた10種類ほどのキノコのうち食べられるものは2種類。これもダメこれもダメなのだった。でもキノコの名前がわかってよかった。下の写真はほとんど毒だそう。左上から順に@コカブイヌシメジ Aシロニセトマ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/10/12 20:29
湯の丸高原の木の実 アケビ サワフタギ ミヤマガマズミ ミズキ アズキナシ
いろいろな木の実がなっていた。アケビは口を空けて中の種を見せていた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/10/11 20:29
湯の丸高原の紅葉 ウリハダカエデ ミズナラ ゲンノショウコ ほうき草
今日は植物観察会で湯の丸高原に行った。思っていたより紅葉が進んでいた。オオモミジはすでに真っ赤に色づいていた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/10/11 20:11
代々木公園のイヌビワ、コンミカンソウ、モッコク、オオスカシバ
代々木公園の横の茂みに実がなっていた。触ると弾力があってイチジクに似ている。葉がつやつやとしていて、暖かい所の植物に見える。イヌビワだと思う。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/10/10 21:59
クリスマスローズの子供
クリスマスローズの葉っぱの下を見たら、いくつも子供が育っていた。夏に種が取れれた時に一度寒い所を体験させないと芽が出ないと思って冷蔵庫に保存した。来年の春に蒔こうと思っていた。ところが自然に芽が出ている。だったら種はそのまま埋めておいた方が簡単でいいと思った。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/10/03 23:06
キヌガサタケ、シラタマタケケ、ノウタケ
筑波実験植物園の「秋のきのこを観察しよう」に行った。キノコというと傘があって柄のある椎茸みたいのものを思い浮かべる。でも今日はボール状の膜の中に胞子をためる腹菌類の3種類のキノコが印象に残った。最近までは胞子を子実体(きのこ)の中につくるキノコを腹菌類といっていた。ところが今はDNAの解析などから分類方法が変わって、腹菌類というのはなくなったそうだ。 キヌガサタケは講師の先生が3週間ほど前に卵状の幼菌を採集して、冷蔵庫に保管した後で最近出したものが今日開いたものだという。写真では見ていたけれど... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/10/02 22:00
蓼科 女神湖の植物
蓼科に行くときにいつもは通り過ぎていた女神湖へ寄った。湖の周囲にある遊歩道からはいろいろな植物が見られる。まず最初に見たのが薄紫のサワフタギの実。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/09/28 22:22
蓼科八子ケ峰の植物 ウメバチソウ マツムシソウ
白樺湖近くの八子ケ峰(やしがみね)に植物を見に行った。冬はスキー場になる斜面を登るので快適だ。丈の低いススキが一面に生えている。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/09/28 19:13
鹿沢 ジイソブ、ハバヤマボクチ、カンボク、イボタヒョウタンボク、オオミヤマガマズミ
前回は東北に行っていたので一カ月ぶりの植物観察会だ。鹿沢国民休暇村の野草園。すっかりすすきに覆われて秋らしくなったけれど、歩いてみると様々な植物を見ることが出来る。最初にあったのがジイソブ(ツルニンジン)だ。夏に浦和の田島が原でバアソブらしきものを見て写真に撮った。けれども写真をもとに図鑑を見てもジイソブとの区別に確信が持てなかった。でも今日ジイソブを見て、あれはバアソブだと確信した。ジイソブはババアソブよりも明らかに大きい。そして時期が遅い。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/09/27 19:49
見沼田んぼの彼岸花
彼岸花を見に、見沼田んぼに行く。見沼自然公園に車を置いて、見沼代用水東べりに沿って歩く。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/09/24 21:17
キノコの季節 宮古
昨秋からキノコに目が行くようになった。それまではキノコを見ても風景の一部だった。今では森があると下を見る。そしてキノコを見つける目が少し向上した。けれども同定するのは難しい。去年は秋も深まって食用になりそうなキノコを採ってきて図鑑で絵合わせした。ても自信が持てなくて食べずに終わった。キノコを理解するためには顕微鏡とお友達になるといいようだ。これからキノコの観察会や顕微鏡で覗く会になるべく出席しようと思っている。今はどんなキノコでも見つけるのが楽しい。それから菌類の世界を垣間見るのが楽しい。キ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/09/14 21:56
赤坂見附のワルナスビ
赤坂見附駅を外堀のほうに上がると道路脇に花壇がある。そこには数メートルにわたって、ワルナスビが咲いていている。まるで花壇に栽培しているように見える。ナスの花に似て薄紫の花がいくつも咲いていてなかなかいい。でもさすがに牧野富太郎がワルナスビと命名しただけあって、相当に嫌われ者のようだ。毒がある。茎に鋭い棘がある。抜いても根茎の断片が残るとまた生えてくる。トラクターで耕すとどっと増えてしまうようだ。強害雑草と記述されている。世の中には姿も美しくて役に立つ植物が多い中で、神様はワルナスビにどんな役... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/09/09 22:40
小屋のミヤギノハギも咲いた。万葉集で一番うたわれている花は萩だという。けれども子供の頃は、萩といっても花札の絵柄でしか知らなかった。大人になって、夏の京都で初めて萩の佇まいに気づいた。そして萩が豆科であるのに気付いたのは最近である。クローバーもレンゲ草も豆科であることに気付いたのも、そんなに昔ではない。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/09/08 21:37
庭のこんにゃく、藍の花
庭に毎年こんにゃくが出る。そのままにしておくと何年かおきに花が咲く。10年以上前に初めて花が咲いた時には、これはとんでもなく珍しいものだと思ってテレビ局に電話した。森田正光さんの天気予報の番組だ。テレビ局が取材に来て、「本当に珍しいものです」と森田さんの説明入りで放映された。あとで群馬県の人に聞くと別に珍しくないそうだ。コンニャク芋は最初の年は小さくて、2年3年と大きくなっていく。そして最後に花が咲くのだ。畑のコンニャクは花が咲く前に出荷してしまうのだろう。庭の隅に忘れられ、放置されていたコンニ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/09/04 13:57
東御市明神池のオランダハコベ、イチモンジチョウ、
東御市の小屋に居る時は明神池の周りを毎日散歩する。数年前オランダハコベを見たときはなんて変わった花だと思った。そしてあまり図鑑に載っていなかった。やっぱり外来種である。ハコベというのは意外な気がしたけれど、確かに白い5枚の花弁を持ち、一枚一枚の花弁が二股に分かれている。毎年同じ所で咲いている。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/09/03 15:11
神代植物園の蓮、パラグアイオニバス、スイレン
キャノンのEOS教室で神代植物園に行った。台風が接近していて時々雨が強く降り、蒸し暑い。並木先生から課題が3つ出た。花を撮ること、水の動きをとらえること、風に吹かれる様子を撮ることだった。風に吹かれているところはお手上げ。花は蓮の花がきれいだった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/09/02 20:42
国分寺崖線の植物 ミゾホオズキ カニクサ
国分寺崖線にはあちこちで湧水が見られる。その湧水のそばに座って近くのスーパーで買って来たお弁当を食べる。そばにミゾホオズキが咲いていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/31 22:46
ミニ彩湖のタコノアシ、イチョウウキゴケ、ヒシ
今日も自転車で田島ケ原のサクラソウ自生地から彩湖まで走った。サクラソウ自生地にはジャコウアゲハの食草のウマノスズクサが茂っていた。でもジャコウアゲハは飛んでないし、卵も見つからなかった。この時期の田島ケ原にはオオバギボウシがあちこちに咲いている。でも全体に花が少ない。今は実りの秋の用意をしているのだろうか。蝶も少ない気がする。ところが ミニ彩湖に近づくと植物の種類が増えて、昆虫がむんむん居る。セミが沢山飛んでいて、何度も私にぶつかりそうになり一度はドンとぶつかってきた。蛸が上に足をあげているみ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/08/29 15:44
赤岩神社のキツネノカミソリ、カリガネソウ
火曜日の植物観察のあとで先生に赤岩神社に案内してもらった。ふつう神社は登って行って鳥居があるものなのに赤岩神社は道路から下って鳥居をくぐる。ご神体が神社の下にあるのだろうか。今度調べてみよう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/08/26 19:58
津金寺の白萩
今日は立科町の津金寺によった。もう萩が咲いていた。白萩が美しかった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/21 18:22
レンゲショウマの花が咲いていた
昨年ボタンの脇から葉を出していたのでボタンが増えたのだと思っていた。でもボタンの葉には似ているけれどちょっと違うとは思った。けれど子供の葉はこんなもんだと考えた。そして別のプランターのいろいろ植わっている一角に植えておいた。そうして忘れていた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/08/20 10:20
見沼田んぼのアオギリ
見沼田んぼの市民農園のそばに大きなアオギリの木がある。アオギリというと広島の爆心地から1,3キロにあって、焼け焦げたけれど生き残った話が印象に残っている。葉っぱの形がヤツデに似て大きく樹皮は緑っぽい。花で言うとカンナのようで、なにか大ぶりな印象の木だった。確かにこの木は暑いところの木なのだ。 でもアオギリの種子の付き方は面白い。多田多恵子さんは「空飛ぶボート」と形容している。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/08/18 16:40
慶応義塾大学薬用植物園の植物
ミシマサイコ。6月に友達が町田の昭和薬科大学の薬用植物園から「三島紫胡という漢方では大事な植物を覚えました」とメールしてきた。カワラサイコなら見たことあるのにと思った。でもミシマサイコとカワラサイコは全く違うものらしい。それ以来、ミシマサイコというものを見たいと思っていた。セリ科でセリを黄色くしたような花だ。根を利用するらしい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/08/18 16:13
慶応大学薬学部付属薬用植物園に行く
今日は暑い。熱中症に気をつけるようにとの市の広報が聞こえる。でもやっぱり自転車で観察に出かける。今日は慶応大学の薬用植物園に行く。南浦和の家から10キロほど。敷地に入っていくと紙がはってあって、植物園に用のある人はこの携帯番号に電話を下さいとある。電話するとすぐ管理人さんが出てきてパンフレットと園内の植物配置図を下さる。タダだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/18 15:13
見沼田んぼのクサギ
見沼田んぼを流れる芝川の八丁橋のところにクサギの花が沢山咲いていた。でも実を取るのはちょっとむずかしいかもしれない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/18 14:37
白幡沼のセンニンソウ
白幡沼のほとりにセンニンソウ(仙人草)が咲いていた。白い花が沢山咲いていて美しい。でも毒草だそう。白い花びら(実は萼)が後ろに反り返っているのは夕方のせいだろうか。7月末に来た時にはカルガモとカイツブリの雛を見たけれど、今日は見られなかった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/08/17 18:55
田島が原のクサギの花 クサギ染め
 クサギは葉をもむとにおいがする。だからクサギと名がついた。その葉は大きくてハート型で繊細とは言えない。クサギは先駆性樹木といって、何もない空き地などに種で運ばれていって育つ。だから何もないような荒れた道端で目にする。人から雑木扱いされている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 1

2011/08/17 14:26
田島ケ原さくらそう自生地のシロバナサクラタデ
白い花が間隔をおいて付いている。イヌタデなどに比べると花の間隔がゆったりと花穂についている。タデの花には花弁がなくて、ガクが花弁のように見えるそうだけれど、そのガクが白くて薄く、日光を通して優雅だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/16 17:35
秋が瀬のオオケタデ、オオイヌタデ
荒川河川敷の道満から秋が瀬に入るところ、武蔵野線の下をくぐったあたりに沢山の蓼が生えている。大きな蓼がたくさん生えていて、自転車で通りかかっても目がいく。きっと蓼が育つのにむいているのだろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/15 21:24
田島ケ原さくらそう自生地のコカモメヅル
彩湖の北、春にはサクラソウの咲く田島が原にコカモメヅルが咲いていた。冬に野焼きをするので、春のサクラソウの時期には草原状だ。ところが夏になると3メートル近くの葦に覆われてしまう。葦が両側からかぶさる細い道を歩くので眺望がきかない。この日会った女性は一人で歩くのは心配なのでと、ご主人を伴って歩いていた。道の端に目を凝らすと、蔓に小さくてつつましい紫色の花が付いている。紫は私の大好きな色だ。ネットで調べるとガガイモ科とある。花の後にはスクナヒコナが乗ったガガイモのと同じような袋果が2つづ付く。私... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/15 17:08
ミニ彩湖の花 ガガイモ ウマノスズクサ ヘクソカズラ
ガガイモの花。花の後、細長いさやの中に毛の生えた種をたくさんつける。そして種が飛んでいく。この種を包んでいるさやの船に乗って大国主(オオクニヌシ)のもとに少名彦(スクナヒコナ)がやってきて、一緒に国造りをしたのだ。スクナヒコって本当に小さな神様だった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/08/14 23:34
ミニ彩湖
4月から時間がある日は荒川沿いの彩湖に行って一周してくる。彩湖まで片道5キロ、彩湖一周5キロなので合計15キロのサイクリングだ。最近は双眼鏡の他に、一眼レフカメラも持っていく。夏になって、戸田市の彩湖自然学習センターに寄ってみた。館内には植物や動物の展示があって、戸田市の子供たちが訪れることを想定しているようだった。「彩湖の野草」という冊子を200円で手に入れた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/13 23:49
クリスマスローズの種子
クリスマスローズの 、種子をつけそうな花にお茶のフィルターをかぶせておいて、種子をとった。湿らせて冷蔵庫に保存してから撒くとあったので、湿らす。あとは冷蔵庫保存だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/12 23:11
藍を栽培している。藍染めにあこがれているけれど、本格的にやるのには手が届かない。種子を手に入れたので栽培してみる。とてもよく育った。この後、藍のはっぱ染めをしてみようと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/08/12 22:43
百日草
春に百日草の種を一袋まいて、苗を作り北御牧の庭に植えた。今しきりと咲いているのは百日草、三尺バーべナ、マリーゴールドで、そろそろコスモスが咲き始めた。いずれも強くて、よく咲いてくれる。結局そういう強い花がいい。百日草は花の時期が長くて、種類が豊富だ。昔はこの花は、盆花としてなんだか古臭いとおもっていた。でも今はいい花だと思う。そして昔が懐かしくなる花だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/12 22:40
エゾオオヤマハコベ
東御市滋野公民館の植物観察に月に二回通っている。つまり月に最低二回は浦和から北御牧に通っているわけだ。湯の丸高原周辺の花を見ていくこの会の先生は本当に詳しくて、参加するたびに関心してしまう。参加者はだいたい10名ぐらい。この会で滋野の赤岩というところに絶滅危惧種のエゾオオヤマハコベが沢山咲いているところがあると聞いた。それで前回は千曲川河畔に赤岩という公園があるのかと思って探したけれどそんなのはなくて、千曲川に近づくにつれて道が急になりしかも狭いので断念した。今回は赤岩に住んでいるという古く... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/06/27 22:21
ウラベニホテイシメジ
今年はキノコに首を突っ込み始めた。去年はコケとシダ。その前は樹木と雑草だ。キノコは菌類であって植物ではないそうだ。そして見ただけではなかなか同定するのがむずかしい。それで中古の顕微鏡を買った。というか世話してもらった。これは私が剃刀でウラベニホテイシメジ(通称イッポン)の襞をカットして顕微鏡で見て写真に撮った記念のものだ。最初にしてはうまく切片が切れた。ビギナーズラックというものだ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/11/19 21:35

トップへ | みんなの「植物」ブログ

マルハナバチのつぶやき 植物のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる