マルハナバチのつぶやき

アクセスカウンタ

zoom RSS ハワイの木

<<   作成日時 : 2012/01/18 16:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

インドから来たという、バニアンの木(Banyan Tree)の根っこ。カピオラニ公園には何本もあって、この木の下には白い鳩が沢山いた。
画像

バニアンの葉っぱと赤い実。
画像


この豆科の木は場所によっては沢山生えていた。「日立の樹」のモンキーポッド(Monkey Pod)の木に似ている気もする。でもモンキーポッドの莢(pod)はもっと膨らみがあり、花は合歓の木とそっくりだ。一方こちらは白い花で、莢は平べったいので、ギンネム(White Popinac)だと思う。こちらも侵略的外来種に指定されていているモンキーポッドと同様に、南米原産だ。
画像

画像

 「この木なんの木」のあるモアナルア・ガーデンにも行きたかったけれど、The Busだけでの移動だから、たどり着けないと思っていた。帰って来てから「日立の樹オンライン」を見ると、13番のバスで行けることが分かった。13番なら街中で利用していた。またハワイに行ったら、ゆっくりと植物を観察して歩きたい。
 ハワイの樹木を調べてみると外来種が随分入り込んでいることが分かった。早くから他の陸地と切り離されていたのだから、ニュージーランドと同様に固有の動植物が進化してきたのに、近代以降急速に外来種が入って来たのだろう。生物の世界でもグローバル化は良くも悪くも進んでいるわけだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
珍しい木や植物が沢山ですね。
見せて頂き感謝です。
ありがとうございます。
ミニトマト
2012/01/18 16:44

コメントする help

ニックネーム
本 文
ハワイの木 マルハナバチのつぶやき/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる