マルハナバチのつぶやき

アクセスカウンタ

zoom RSS 旧乃木希助邸・乃木神社

<<   作成日時 : 2012/01/27 21:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 赤坂に用事があったので、旧乃木邸と乃木神社に寄ってみた。乃木希助が明治天皇の大葬の日に、妻静子と共に自刃した屋敷が残っている。50坪ちょっとのシンプルな木造の家だ。今見ると、山荘のようでモダンな感じもする。
画像

自刃した部屋の案内がある。
画像

庭には乃木家祖霊社があり、乃木家の祖先と日露戦争でなくなった二人の息子が祀られている。
画像

庭には、殉死した時の二人の血の付いたものを埋めたところもある。
画像

 今、山田風太郎の「人間臨終図巻」を読んでいるせいか、見る目がちょっと死の方向に行った。乃木希助は老人のイメージがあったけれど、亡くなったのは63歳だ。彼の人生は江戸末期の武士として始まり、明治の終焉で終わった訳で、その間に行われた主要な戦争の場に常にいた。長州藩士の子として生まれ、第二次長州征伐では山形有朋の指揮の下に騎兵隊で戦っている。さらに戊辰戦争、西南戦争、日清戦争と戦ったのちに台湾総督になり、日露戦争では旅順攻略を行った。その後、学習院院長となった。
 ところで今週は雪が降り、寒い日が続いた。厩の井戸に置いてあったバケツの水に氷が張っていた。氷が張るなんて何年振りだろう。
画像

厩は住まいよりも立派な感じのが建っている。
画像

庭の月桂樹の下に、ラピスラズリのような美しい青い実がいくつも落ちていた。通路に転がっているのを一つ潰してみたら、中から白いボールが現れた。投げてみるとスマートボールのように跳ねた。ジャノヒゲ(蛇の髭)の実だ。
画像

びっくりするほど大きな猿のこしかけがあった。
画像

お隣は乃木神社。
画像

中まで黄色い素心蝋梅ではなく、花の中心に茶色が入る蝋梅が咲いていた。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
赤坂にこんな所があるんですね。
次回東京に行ったら行って見たいと思います。
ミニトマト
2012/01/28 14:21
東京ミッドタウンのすぐそばにあるのに、静かな場所です。
hanabati
2012/01/30 12:21

コメントする help

ニックネーム
本 文
旧乃木希助邸・乃木神社 マルハナバチのつぶやき/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる