マルハナバチのつぶやき

アクセスカウンタ

zoom RSS 西洋菩提樹の花

<<   作成日時 : 2012/06/25 21:47   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像 小屋の芝生の真ん中に西洋菩提樹がある。8年前に小屋を建てた時に、シンボルツリーにしようとして植えたのだ。シンボルツリーと言っても、大きな木を植えてもらったのではなくて、ネットで取りよせた1メートルほどの幼木だった。しかも最初の冬には本体がかれてしまって、横から出て来たのを育てたので、なかなか大きくならなかった。それがここに来て見上げるほど、大きくなった。昨日近くで見上げたら薄黄色の花を沢山つけていた。初めてだ。
画像

 背伸びして、花を取ってみる。へら状の葉から花が垂れ下がっている。数年前の秋に奈良の法華寺に行った時に、受付をしていた男性が、菩提樹の実はこんな風に付くのですよと、へら状の葉っぱに付いている実を分けてくれた。そんな実を見るのは初めてで、とても有難く頂戴した。その時には小屋の西洋菩提樹も同様の実を付けるという風に結びつかなかった。今から思うと法華寺の菩提樹は一つの葉に2つ実を付けていたので、中国の菩提樹の方が実が少なくつくのかもしれない。
画像

 へら状の葉っぱから咲いているのは5つの花。蕾から実になりつつあるものまで段階が違う5つの花だ。
画像

 萼も花びらも5枚ある。そして一つの苞葉につく花も5つに見える。蕾は見たところ萼が3つに見えるのに、開いてみると5つある。そしてほのかに芳香がたつ。花は透き通った蝋細工のようでもあり、かんざしのつまみ細工の花のようでもある。花を裏から見ても美しい。
画像

 咲き始めの花の中には黄色い葯を持ったいくつもの雄しべが見えて、雌しべは見えない。
画像

 もう少し進んでいる花は、雄しべの色があせていて、雌しべの柱頭がスーッとラッパのように伸びている。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
西洋菩提樹の花 マルハナバチのつぶやき/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる