マルハナバチのつぶやき

アクセスカウンタ

zoom RSS 胡桃

<<   作成日時 : 2014/09/12 00:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

小さい頃、胡桃は見たことも無ければ食べたこともない憧れのものだった。チロリン村とクルミの木という子供番組があって、「胡桃」という響きにも憧れた。

画像

胡桃の木を初めて見たのは20代の頃、信州出身の友人の実家を訪れた時だった。黄緑の実がいくつも房のように垂れていて、その中に胡桃が入っていると教えてくれた。胡桃は西洋のものだと思っていたら日本にもあるのを知った。そして実際に胡桃の実を拾って来て、黒くなった皮を剥いでその中の堅い殻を割って、 食べたのは子供達とキャンプに行って六合村の山中の森で胡桃の木に出会った時である。翌年も拾えるかと思って行ってみたら、一ヶ月ほど時期が遅くて一つも拾えなかった。リスがみんな採って貯蔵したのだと思った。
今いる東御市は胡桃と巨峰の町である。あちこちで胡桃の木が栽培されている。信濃胡桃とかいう品種で、房状ではなく一つづつ大きな実を付けている。歩いているとオニグルミの木にもよく出会う。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
胡桃 マルハナバチのつぶやき/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる