マルハナバチのつぶやき

アクセスカウンタ

zoom RSS てんぐ巣病 三頭山

<<   作成日時 : 2014/11/26 00:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 木に寄生木みたいのがついている。でも寄生木なら生きているのに、ちょっと違う。枝や枯葉が固まっていて、巣にも見える。
画像

 これがてんぐ巣病だという。つまり天狗のすみかに見立てた命名である。

画像

 ウィルスや菌類に感染して植物の枝や茎が密生してしまった状態をいう。

画像

 こちらは葉っぱを上に載せていない、てんぐ巣病の木の枝の状態。てんぐ巣す病は桜の木に多いらしい。このあたりに感染した木が何本もあった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
てんぐ巣病 三頭山 マルハナバチのつぶやき/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる