マルハナバチのつぶやき

アクセスカウンタ

zoom RSS 熊鷹山から小戸沢に下った

<<   作成日時 : 2015/05/22 06:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 熊鷹山(1168m)の下りの道は沢沿いで変化に富んでいた。

画像

画像

 途中、ワサビ田が見える。

画像

 渓流沿いにヒメレンゲの黄色が映える。

画像

 下るにつれてウツギの白い花が。

画像

 クワガタソウのよう。熊鷹山から下って1時間。突然広場に出て、車が一台駐車しているのが見えてきた。けれども今朝、車を置いた不死熊橋と様子が違う。標高も同じ550mで沢を下ったところに出たのに、どうも別なところなのだ。地図をよく照合してみたら十二沢を下って桐生川に出る道ではなくて、小戸沢に下ってしまったのだ。

画像

 山の頂上は一か所でも、下るときにちょっと違う道をとってしまうと全く別な方に下ってしまう。運よくそこには宮城から車で来た人がいて、リーダーとトップの二人は麓まで乗せてもらい、タクシーを拾ってレンタカーが置いてある不死熊橋に向かうことになった。残った私たちは6キロの林道歩きをして県道に出た。おりしも2時間に一度のコミュニティバスがやってきて列車の便のある田沼町まで出ることができた。館林で車を回収してくれた二人と3時間ぶりの再会をした。

 二人は違う方に下ったことにとても責任を感じられていたけれど、参加者全員の責任だと思う。私などついて行くばかりで、ipadまで車に残していたのだ。せめてipadのヤマップで位置を確認していれば、こんなことはなかった。ましてガーミンを手にして歩いていたなんて恥ずかして言えない。私にも下りで違う道をとって全く別の所に出てしまったことがある。今回のこと、人任せだった自分の在り方をふがいなく思った。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
熊鷹山から小戸沢に下った マルハナバチのつぶやき/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる