マルハナバチのつぶやき

アクセスカウンタ

zoom RSS 適塾

<<   作成日時 : 2019/02/07 21:44   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

  1月恒例の京都の2泊目は今回は大阪に泊まることになった。

画像

 数年前に行ったときにはじめてキタとかミナミというのがわかり、あわせて大坂城、中之島、造幣局、四天王寺を回ったので大阪の概要がやっとわかるようになった。今回は船場とか北浜という大坂の商業の中心地を歩くことになった。朝、ホテルに荷物を預けて天神橋商店街を歩く。どこまでも続くアーケードの商店街。安い。アーケード街で昼食にうどんを食べた。そして夜はまたアーケード街に戻り、最初の店でまず串揚げ4本と生ビールセットで500円、串揚げ4本と焼酎のお湯割500円。次の店でお好み焼きと生ビールのセットで1000円。いやあ大阪って住みやすそう。

画像

 天神橋商店街から、日本三大祭である天神祭りで有名な大阪天満宮に行く。

画像

 思ったほど境内は広くない。この後、中之島に行き、中央公会堂の中を見学する。


 福沢諭吉や大村益次郎の学んだ適塾はこの日の見学のメイン。
画像

 大阪はさぞかし空襲でやられたと思っていたのに、ちゃんと適塾の建物が残っている。中之島の建物も残っているから、丸の内などと同様に、このあたり空襲がなかったのかもしれない。

画像


画像

 中は資料館になっている。結構広い。緒方洪庵は医者であると同時に蘭学を教えた。そして経済的にも力があったのか。

画像


画像

  適塾の両側は空き地になっているから、建物の規模がわかる。本居宣長の住まいよりはるかに大きい。

画像

 緒方洪庵の像が立っている。

画像

 適塾のあったあたりは北が土佐堀川に面するので、商売の盛んな船場の中でも北浜と呼ばれている。適塾のすぐそばには大阪取引所の建物がある。今では丸の内のビルのように昔の面影を残しながらも高層ビルになっている。入り口には大阪経済の恩人であるディーン様、いや五代友厚の巨大な像が立っている。

1月29日

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
もう45年以上前、福翁自伝を読んで、福沢諭吉たちが、適塾でやった勉強の凄まじさに驚きました。何しろ、座り机に向かい、食事も、その机、寝るときはゴロンと後ろになるだけで、厠に行くときぐらいは動くのでしょうが、、、
明治前後、そういう勉学の士が、命をかけて学び、西欧に追いつこうとした、その時の国のエネルギー。
大阪に行くときは、是非、適塾を訪ねてみようと思いました。
ishiguro
2019/02/14 11:50
今回のコメント、名文ですね。さすがに45年前に「福翁自伝」を読んでいた方の文章かと!
hanabati
2019/02/17 00:22
そのように仰っていただくと、こそばゆい思いです。
大学の2年まで、四畳半の下宿で、座り机で勉強し、福沢諭吉の真似をしたつもりですが、後ろになり、またいる時間が多かったなと記憶しています。
ishiguro
2019/02/17 09:57

コメントする help

ニックネーム
本 文
適塾 マルハナバチのつぶやき/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる