テーマ:植物

大島のキョン

山上たつひこの漫画「がきデカ」の、主人公こまわり君は時々「八丈島のキョン」のポーズをした。あの頃、八丈島にはキョンという、犬ぐらいの大きさの鹿がいると知って、いずれは対面したいものだと思っていた。そんな小さな鹿がいるなんて可愛いではないか。今日は八丈島ではなくて、伊豆大島でキョンに対面した。   都立大島公園は植物園、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

チビのチューリップ

東御では桜の開花は1ヶ月も先だろうし、チューリップもスイセンもまだまだ。ところがチビのチューリップだけは咲いている。 オランダから帰る時にいつもチューリップの球根を買って帰る。たいがいは黒か青にする。ところが3年前に買った黒のチューリップが咲いてみたら、出来損ないみたいに背が低くて赤色だった。業者が間違えて、あるいは故…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ホラホラクレーター スナッフェル半島

鯨とイルカのウォッチングツアー3時間半のあとは、スナッフェル半島(Snaefell)を回る。見慣れない景色が続く。 ホラホラクレーターのあたりを1時間ほど歩く。 クレーターが見えてきた。 まん丸な池。日本ではマールと言っている火口の穴か。 看板を読むと、この辺りに19世紀まで人が住ん…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

昨日から東御

8月はずっと東御で過ごそうと思っていたのに、諸事情により昨日になってやってきた。 植物は5月から6月に最も変化して、その頃2週間来ないとあまりのことに言葉が出ない。8月は植物の姿はあまり変化しなくて、欝蒼となるのだ。 今年はマリーゴールドがすごい。2週間前はまばらな咲き具合だったのが、今回は押すな押すなの咲き様。…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

小蓮華岳のコマクサ

今年は花が咲くのが早いというからもう終わっているかと思ったら、コマクサが咲いていた。 昨年の蓮華岳には沢山咲いていたけれど、小蓮華岳でも見られるとは思わなかった。 どうも登山道沿いではない方に群落があるような。こんな高山の礫の間の痩せたところに咲くというのは、やっぱり貴重な存在だ。 ミヤマアヅマ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

天空のヒメサユリ園

湯の花温泉の共同浴場で一緒になった静岡県から来た方からヒメサユリ園に行って、とても良かったという話を聞いた。車で1時間ほどで行けるという。浴場の広間に出るとまた別の夫婦が今年のヒメサユリはもう満開かしらなんて話している。この辺りに、この時期に来る人の目当てはヒメサユリ園らしい。 この日は天気だったら会津駒ヶ岳に登ること…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

田代山の花 オサバグサ

今回、初めて見た気がするオサバグサ。登山道に沿って群落がある。葉がシダ植物のよう。 ツマトリソウ。 ゴゼンタチバナ。 シャクナゲ。 シャクナゲの蕾、色が濃い。 ムラサキヤシオツツジ。 帝釈山の頂上付近はベニサラサドウダンツツジの群落がある…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

湯ノ丸山 わらび

山は初めて、これから沢山登りたいと意欲を見せる友人と、どこに登ろうか考えた。結局いつもの湯ノ丸山にした。7時半の地蔵峠の駐車場にはまだ2、3台しか車が無い。高崎ナンバーのご夫婦が話しかけてくる。春とともに花と山菜を求めて、あちこち行ってらっしゃる。とても詳しくて、湯の丸のわらびのありかなど教えてくださる。 スキー場から…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

牡丹の花

東御を後にする頃に牡丹の花が咲き出した。 さいたまに帰る時に4輪持ち帰る。牡丹は何本か植えたのにどれも木がだんだん細って2本だけになった。でも昨年のこぼれ種から生えたのだろう、1本子供が育っている。 枯れてしまった牡丹の木の中には息子が中学生だった時に鎌倉の鶴岡八幡宮で買った薄ピンクのがあった。「坂の上の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

藤の花、アカシアの花

東御に行った日には庭の藤はまだ蕾だった。 2日後、満開になった。近づくと甘い香り。さらに3日ほど経つと花は盛りを過ぎた。 次に満開のアカシアの花が目に付いた。ただし、我が家から200メートル降った千曲川沿い。八重原台地のアカシアが咲くのは、もう少し後になる。こちらも藤の花同様、というかそれ以上にマメ科…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

ベニバナトチノキ

ベニバナトチノキの花が咲いた。 今回は池の周りの草を刈り、木の剪定をし、池の中のセリだのガマを刈ってだいぶスッキリした。ただし池の中の植物を根絶やしにすると浄化能力が無くなり、池に住むカエルだのトンボの幼虫にも住処が無くなるので、適度に残す。 池に繁茂する芹は今が食べどき。
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

たらの芽とうど

20日ぶりの東御。植物が大きく変化していた。7月、8月に3週間畑を放置しておくと、草の繁茂がものすごくて、炎天下に草刈り仕事が大変な負担。春は繁茂する勢いではなくて、芽を出し、花が咲き、実をつけ出すという一連の変化があっという間なのだ。そこで思い出すのは筑波の植物園の講師の先生の言葉。「植物の変化を見ようと思ったら春と秋が大切です」…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

柚子と蜜柑の花の香り

朝、玄関を開けると花の香りが満ちていた。 階段を降りて行くと、柚子の花が開いていた。昨日までは香りは無かった。その日が来ると突然開花して香るのだと思った。そして、こんな経験はこれが初めて。今まで気が付かずにいたのか、それとも柚子が香り立つほど花を付けるようになったのか。この柚子の木、未だ貧弱ながら植えてから30年は経つ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

スミレ

庭のキンモクセイの木の下にスミレが咲いている。 ここ数年、草を取るときにキンモクセイの下はスミレが無くならないように気をつけてきた。 葉っぱはタチツボスミレに似ていても、花色は濃い紫だし、葉の生え方はそれぞれ地面から直接出ている。何年か前にこの辺りに、小諸スミレを植えたものの、そちらは消えて、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

明神池の桜

明神池の桜も満開。 池の周りの桜は古木を見た目には若く映る。 梅野記念絵画館の前に居る羊二頭。 浅間山が見える。 桜越しではないけれど、春の昼にしては鹿島槍がはっきり 見える。 そして池の向こうにかすかに我が家が見える。 近くの斜面の上には、一…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

庭の桜

前回3分咲きで、もう見納めかと思っていた冬桜が10日経っても、しっかり咲いている。 八重の花をみっちり咲かせている。植えてから10年ほどはろくに花をつけなくて、何輪か咲いた花を有難がっていたものだ。 7年前に狭山の博物館から苗で頂いてきた山桜。人の背丈の倍以上になった。 花の数が少なくて、色…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

岩谷堂の義仲桜

木曽で育った源義仲は依田氏の支援を受けて、現在の上田市丸子で兵を集め、東御市の海野宿の千曲川河畔で挙兵した。丸子に行くと時々寄る農産物直売所「あさつゆ」の後ろに義仲が戦勝を祈願したという岩屋観音堂(法蔵寺)がある。 斜面を見上げると、大きな岩があり、その下に赤い観音堂が見える。 急な階段を上っ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

分校の桜

ちょっとしか居られないけれど、桜を見過ごしたくないから東御に来た。東京のソメイヨシノは終わってしまったけれど、東御に来てみれば、梅も桜も満開。しかも桜は花色の違うのが同時に咲いている。 北御牧村だった頃の小学校分校の桜が咲いている。 10年ほど前までは北御牧村資料館だったけれど、今は看板が出ているだけ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

西洋菩提樹の種

この時期、西洋菩提樹は葉がまだない。そのかわり所々に散り残した種子をつけている。 下から見ると種子をつけているヘラ状の葉っぱが陽に透けて見える。 この種、今から蒔けば芽が出るのだろうか。今も木についているということは、これから陽気が合ってきたら種を落として発芽させるつもりかもしれない。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

クリスマスローズ 苗

クリスマスローズの子供のうちいくらかを、苗として鉢にあげた。 苗をさいたまに持ってきた。 まだ殆どが双葉だから育つかしらんと思う。 こちらはさいたまの庭に一株だけあるクリスマスローズ。場所が狭いせいか一株だけで増えようとしない。でも毎年花をつける。最初は葉っぱが出ていないから、小さいながら目…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

冬桜が咲き出した

ふと気がつくと冬桜が咲き始めている。 咲いているのに気がついた日には一分も咲いていなかった。それが2日経つと二分咲ぐらいになった。でも、もうこれで見納め。東御から帰る日になっている。 十月桜はまだ数輪咲いたところ。 ソメイヨシノのツボミも膨らんで来た。 サクラン…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

アブラチャン サンシュユ マンサク

春にまず木に咲く花は黄色い花。 アブラチャン。 春先に山で目にするのはこの花。 サンシュユ。夏の初めに真っ赤な実がなる。 マンサク。まず咲くからマンサクという名前がついたらしい。 あと黄色い花は園芸種だけれどレンギョウ。こちらはまだつぼみ。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

チビ赤チューリップ

一昨年、オランダで黒いチューリップを買って来たのに、昨年咲いたのは丈の低い赤いチューリップだった。売っていたお店、いや生産者のいい加減さに気持ちが行って、咲いた赤い花に関心が行かなかった。 今回、東御に来てみれば、昨年買ってきた黒いチューリップは未だ5センチほど葉が顔を出しただけ。でも、くだんの赤いチューリップが咲いて…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

クリスマスローズ 子供たち

お正月以来だから2ヶ月半ぶりの東御。来ると、やっぱりここは良いなと思う。でもまだ桜はもちろん梅も水仙も咲いていない。咲いているのはチビのチューリップとクリスマスローズだけ。いやサンシュユの花も咲いているし、蕗の薹もでている。 クリスマスローズは春本番の花が咲く前から毎年花をさかせてくれる。 しかも花の時期…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

増上寺の枝垂れ桜

朝8時に増上寺の境内を通る。 「あらま、桜が咲き出した」と思った。二分から三分咲き。 帰り道、3時頃にまた増上寺の境内を通る。今度は七分咲き。こちらの桜は開花の速度が速い。今日は靖国神社のソメイヨシノが咲き出して東京の開花宣言が出された。でもまだ数輪咲いただけ。 これからあちこちで桜が咲くけれど…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

高尾山から駒木野庭園

今年初めての高尾山。 今季一番の冷え込みで、天気がいいのにひどく寒い。 高尾山頂から富士山が良く見えた。昨秋は体力をつける為にスポーツクラブに通う代わりに高尾山に毎週通うのがいいと考えた。でもやっぱりそんなに通うのは無理で、代わりに24時間フィットネスに通いだした。そうにしても、なるべく山歩きをした方がい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

丸子城2 安良居神社の柊の香り

 依水館の下流側に安良居神社がある。上丸子地区の氏神を祀り、本殿は江戸時代末に建てられた。諏訪の宮大工二代目立川和四郎作とあり、彫刻が目につく。  安良居神社は丸子城の4つある居館の一つとされている。丸子城周辺の急峻な地形の中では貴重だったろう。ここから丸子城への登路が始まる。  本殿に繋がって回廊がある。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ノハラアザミ 高尾山Ⅰ

明日から3日間は雨の予報なので、今日のうちに山歩きをしておくことにした。ゴーキョ峰に行く為には富士山に一回登っただけでなくて、なるべく山歩きをしたほうが良いと思えるからだ。9時に歩き始めていつものように稲荷山コースを行く。 ヤマホトトギスの白い花。 高尾山頂から一丁平にかけてはよく整備された明るい山道…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブルーベリーがなりだす

最初の日はほんの数粒しかブルーになっていなかた。 翌日になると、ブルーが少し増えた。 一房がほとんどブルーになったのもある。 そしてもう帰らなければならないから、ブルーになったのを収穫する。まだほんのなり始めだから、この後は毎週来て収穫したい。 ブルーベリー園とパン屋をやるのは私の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八経ヶ岳 白い花

 6月11日八経ヶ岳。この時期に目につくのはほとんど白い花。   たぶんこれはニョイスミレ。  ムスカリ。  シロヤシオは花盛り。  ヒカゲノカズラはシダ類。胞子嚢穂を出している。  マムシグサ。  バイケイソウの群落はあちこちにある。でも花の時期はこれから。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more