マルハナバチのつぶやき

アクセスカウンタ

zoom RSS 田島が原のクサギの花 クサギ染め

<<   作成日時 : 2011/08/17 14:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 1

 クサギは葉をもむとにおいがする。だからクサギと名がついた。その葉は大きくてハート型で繊細とは言えない。クサギは先駆性樹木といって、何もない空き地などに種で運ばれていって育つ。だから何もないような荒れた道端で目にする。人から雑木扱いされている。

画像


 でも夏に咲く薄ピンクの花はその形もかわっているし、甘くいいにおいがする。だから蝶もよく訪れる。
そうして、この実が美しくて素敵なのだ。赤い星型の萼(がく)の上に藍色の美しい実をつける。その実は草木染めの青の染料になる。草木染めで青を出すのは藍とクサギしかないという。一昨年の秋に偶然に嵐山の切りとおしを通っていてクサギの実がなっているのを見つけた。クサギはなにしろ雑木だから人様の庭で大事に育てられてはいない。だから道路からちょっと実をいただきやすい。

画像

多田多恵子さんの本には天然のブローチとして紹介されている。

画像

 一昨年はウールのセーターとスカーフそして白羽二重の古布を染めた。スカーフいだけは美しい色を保っているけれど、あと2種類は退色している。
 その翌年もクサギで青に染めるのはやってみたかった。でも嵐山まで行くのはちょっと遠いし、実のなっている時期を特定するのも難しかった。染める機会がなかった。
 ところが今年は簡単に行ける範囲で何本もクサギの木を見つけた。仕事をやめて毎日うろうろしていると、生えている樹木も見えてくるみたい。だから今年は実がなったら採集してクサギ染めをしよう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
笹目川のクサギの実、コサギ
クサギの実がなっているころだ思いつき、クサギの花が咲いていた時に目をつけておいた笹目川に行った。道路から見るとすぐそこにあるのに、数メートル下の河川敷から生えているのでいざ取るとなると手が届かない。実が熟した後は、束になって落ちるようなので、落ちている実も拾う。でも草木染めをするのには足りないかもしれない。青い実と赤いガクはブローチみたいだ。 ...続きを見る
マルハナバチのつぶやき
2011/11/10 20:19

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは!
草木は実がきれいです。私は鼻より先に9月・10月頃に草木の実を見ました。それは綺麗であう。
この木を知ったのは布引観音の上り口にあります。
先日私も花をカメラに収めました。
布に染めたのですね。
素敵ですね。
ミニトマト
2011/08/17 17:04

コメントする help

ニックネーム
本 文
田島が原のクサギの花 クサギ染め マルハナバチのつぶやき/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる