マルハナバチのつぶやき

アクセスカウンタ

zoom RSS 観音二十五番の六分水・枡場の植物 T

<<   作成日時 : 2012/05/29 10:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 東御市から地蔵峠を越えて鹿沢温泉に抜ける道を湯道といい、街道沿いには百体観音がある。地蔵峠が八十番で、鹿沢温泉が百番の観音がある。昨年の東御市の植物観察会ではこの湯道に沿って鹿沢温泉に行ったり、池の平に足を延ばしたりして12回実施された。今年は、会ではもう少し遠出することになったので、湯道沿いにはあまり行く機会はがなくなった。でもこの街道沿いは出かけやすいし、道路から少し入ると、渓流沿いに観察ポイントがいくつもあるのでこれからは、個人的に訪れようと思っている。
画像画像 昨年の観察会では寄らなかったけれど、観音25番の付近でも様々な野草が観察できる。あたりには六分水・枡場の看板が出ている。上流から来た豊富な水を6方向に分けるのだろう。こういう所は草刈などを定期的にしていて、野草が生えるのにいい環境かもしれない。上流から豊富に水が流れてくる。
画像

 2方向に水を分けている。
 
画像

 先日図鑑を見ていて、外来のオランダミミナグサは花が密集してついているのに対して、在来のミミナグサは花に柄があり、茎が少し赤みがかっているというのが頭にのこった。家の敷地ではオランダミミナグサばかり見ていたけれど、今回はミミナグサを認識した。
画像

 庭に生えてきて、軍手についたのを払っても払っても粘り強くくっついてくるのはヤエムグラ。これに近いのがクルマムグラとクルマバソウ。クルマバソウは葉が6から10枚あり、これは冠着山で見た。なかなか上品な趣だった。一方クルマムグラは葉が5から6枚つくとある。ここにあるのは葉っぱの枚数が少ないし、葉っぱがまるっこいのでクルマムグラだろう。
画像

画像

 ミヤマハコベの花はハコベの1,5倍あり、花びらが萼よりも長い。ハコベよりも花の存在がはっきりしていて、白い花が目につく。
画像

 ホソバノアマナ
画像

5月21日

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
観音二十五番の六分水・枡場の植物 T マルハナバチのつぶやき/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる