マルハナバチのつぶやき

アクセスカウンタ

zoom RSS サギスゲ ゴウソ 鹿沢園地

<<   作成日時 : 2012/07/05 22:24   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 カヤツリグサ科を2種類教えてもらった。サギスゲ。ワタスゲは茎の先端に一個の小穂を付けるのに対して、サギスゲは2個から5個の小穂を付ける。小穂は白い綿毛につつまれていて、白鷺を連想させるのでこの名前になった。
画像

 ゴウソ。頂小穂は細長くて雄性。側小穂は太い円柱状で柄があり垂れ下がる。ゴウは郷の意味。ソは麻糸を意味し、郷の人々がこの葉を物を結ぶのに利用した。(カヤツリグサ科入門図鑑) ということは茎はとても丈夫ということだろう。
画像
 
 あとこれはイネ科だと思うのだけれど、かわいらしい。
画像

 鹿沢園地。6月26日

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
サギスゲ ゴウソ 鹿沢園地 マルハナバチのつぶやき/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる