マルハナバチのつぶやき

アクセスカウンタ

zoom RSS ヤマブキショウマの雌花と雄花

<<   作成日時 : 2014/07/29 07:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 ヤマブキショウマとトリアシショウマの区別がつかない。さらにヤマブシショウマの雄花と雌花の区別もつかない。昨年は、この時期の湯の丸高原を歩いた後で、わからなくて不足感が残った。今シーズンはこのあたりの解決をはかりたい。
画像

 調べてみると、ヤマブキショウマはバラ科で、ヤマブキに似て葉脈が並行なのでこの名がついた。雌雄異株の多年草で、葉は2回3出葉で9この小葉からなる。先端は鋭く尖り、光沢があり葉脈が左右対称に平行に付くのが目に付く。

画像

 雄株には20本くらいの雄しべが付いてフワフワな感じ。ということはこちらが雄花か。

画像

 雄花の花弁の先には雄蕊が飛び出している。

画像

雌株には雌しべが付いているだけなのでちょっと固そうな雰囲気。つまりこちらが雌花か。

画像

 雌花には3裂した雌蕊がついている。

 一方のトリアシショウマはユキノシタ科で春の若芽の先が三俣に分かれるのが鳥脚に似ていることからその名がついた。。
画像

 トリアシショウマの葉は葉脈が並行にきれいに並ばずに凸凹のある感じがする。あとサラシナショウマがあるけれど、そちらはキンポウゲ科。このあとはショウマと呼ばれるものの区別がつくようにしていきたい。ルーペは必携のよう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ヤマブキショウマの雌花と雄花 マルハナバチのつぶやき/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる