マルハナバチのつぶやき

アクセスカウンタ

zoom RSS 姫林檎 ヤマボウシ 山椒

<<   作成日時 : 2014/10/12 06:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 今年の春はマイマイガの幼虫が大発生して林檎や杏子、そしてさくらんぼの花も葉っぱも全部食べられてしまった。それでも花が咲くのが遅かった果実は今ついている。

画像

 ヤマボウシの実はたわわになっていて、口に含むとクリーミーでおいしい。でも加工にはむいていない。

画像

 ヤマボウシはミズキ科で、花弁のような総苞の中に、小さな花を沢山つける。この実もイチゴみたいに、一つの実に見えるけれど、たくさんの果実が集まったもののようだ。

画像

 林檎の木はどれもやられたと思っていた。けれど、この姫林檎だけは実をつけている。食べてみると、ちゃんと林檎の味がする。盆栽にする栽培種の姫林檎の方は春に丸裸になってしまったし、そちらの方は渋みがあったのに、こちらはなかなかなのだ。この木は近所の方にいただいたもので、ひょっとするとクラブアップルの系統かもしれない。だとするとターシャ・チューダーが大切にしていた木と同じで、リンゴのシーダーを作るのにいいかもしれない。富士のような大きな林檎を素人が育ってるのは難しいけれど、こちらは病虫害にも強そう。急に大切に育てる気になった。

画像

 今年は春に山椒の実を収穫しなかった。収穫のタイミングをのがしたのである。それで赤い実が付いたままになっている。

画像

 赤い皮の中から黒い実が見える。これをつぶして山椒の粉を作るらしい。できたら作ってみたい。でもほんのちょっとでよさそう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
姫林檎 ヤマボウシ 山椒 マルハナバチのつぶやき/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる