比叡山

日吉大社の次に比叡山に向かう。出発は11時になってしまった。奥宮は後にして、先に比叡山に登っておけばよかった。数日前に雪が降っているし、私には初めての道なのだから、すこし緊張する。でもどうしたって行きたいところから先に行きたい。
画像

日吉大社の左横から登山道が始まる。

画像

登るにつれて、だんだん雪が出てくる。でもアイゼンをつけるような所はほとんど無かった。延暦寺まで1時間ちょっとの登り。

画像

中学校の修学旅行以来の根本中堂の建物。今は修理中ですっかり上屋で覆われている。それにしても入館料を払うところが無くて不思議な感じ。あとで境内の地図を見たら足で登って来ると、入山受付の内側に入ってしまうことがわかった。考えてみれば坂本ロープウェイも使わないわけだから、この日は随分お得に歩いたことになる。でも御朱印は頂きましたけど。

画像

内部の不滅の灯りの前で参拝してから、足場から根本中堂の屋根を見る。

画像

講堂。

画像

阿弥陀堂。

画像

このあと大比叡山の山頂848mを目指す。山頂から修学院離宮を目指そうかと思ったけれど、そちらにはほとんど足跡が無く、雪が深いので行きの道を取ることにした。頂上そのものは眺望も開けない。でも途中眺望が良いところがある。

画像

坂本に下ったのが3時半。滋賀院門跡に向かう。

画像

こちらは天海が最初に建設し、その後は延暦寺の座主が代々住まれたところ。江戸時代には天台座主は日光の輪王寺、江戸の寛永寺の座主も兼ねることが多かったのだから、当時の仏教界の最高峰がここにお住まいになっていたわけだ。

画像

唐破風の門がある。

画像

現在の建物は明治のもの。庭は小堀遠州作。

1月30日

この記事へのコメント

ishiguro
2019年02月16日 19:33
比叡山が、筑波山とほぼ同じ標高とは知りませんでした。
アイゼンまで用意されたとは、ちょっとした、冬山登山でしょうか。
hanabati
2019年02月17日 00:41
数日前に雪が降ったねは分かっていましたから、一応簡易アイゼンは持って行きました。
ishiguro
2019年02月17日 13:59
流石の準備ですね。

筋金が入っていらっしゃるから、何か、安全の問題が懸念されるときは、それに備えられるのですね。

この記事へのトラックバック